WordPressの活用

WordPress(ワードプレス)でのメニューの作り方

投稿日:2016年12月1日 更新日:

ワードプレスのメニューの作り方

WordPress(ワードプレス)のブログの使い方の中で案外多いのが「メニュー」の作り方です。わかってしまえばどうってことはないのですが、最初はやっぱりわかりづらいものです。変になっちゃったり壊したらどうしようって思っちゃいますしね。

プロフィールページやサービス案内などの固定ページは、記事を書いただけではリンクが張られないので、メニューをつくってリンクを張ったり、他の記事からのリンクを張る必要があります。

というわけで、ワードプレスでのメニューの作り方についての覚書を書いておこうと思います。

WordPress(ワードプレス)でメニューを作る基本的な流れ

ワードプレスでメニューを作るのは実はとても簡単です。以下の流れに沿ってやってみてください。

  1. 管理画面左側メニューの「外観」から「メニュー」を選択する
  2. 名前をつけて新規メニューを作成する
  3. 
メニューに項目を追加する
  4. メニューの順番を並び替える・階層構造を作る
  5. メニューに追加した項目の名前を変える
  6. メニューを配置する
  7. 作成したメニューを保存する

では、順を追って見ていきましょう。

【STEP1】管理画面左側メニューの「外観」から「メニュー」を選択する

ワードプレスにログインしたら管理画面左側にある「外観」から「メニュー」を選択し、メニュー作成画面を開きます。

WordPressのメニューのつくり方。外観からメニューへと進む

外観からメニューへと進み、メニュー作成画面を開く

【STEP2】名前をつけて新規メニューを作成する

まだメニューを作っていなければ、新規メニューを作成する必要があります。メニュー名のところに名前をつけます。ここでは、「header_navigation」という名前をつけることにします。

新規メニューを作成する

名前をつけて新規メニューを作成する

名前をつけてメニューを作成したら必ず「メニューを保存」ボタンをクリックして保存してください。以降の作業すべて同様です。

【STEP3】メニューに項目を追加する

新規メニューを作成したら、メニューとして表示したい項目を追加します。ここでは、作成済みの固定ページ「プロフィール」を追加します。

左側にある「固定ページ」の中に入っている「プロフィール」にチェックをつけて「メニューに追加ボタン」をクリックします。

メニューに項目を追加する

メニューに項目を追加する

すると、右側のメニュー構造の中に「プロフィール」が追加されました。これでプロフィールページがメニューの項目として登録されたことになります。

メニューの項目として追加できるのは、次の4つです。

  • 固定ページ
    固定ページとして作成したページをメニューに追加します。会社概要やサービス案内、プロフィールなどはをイメージするとわかりやすいかと思います。
  • 投稿
    個別の記事ページとして作成した投稿ページです。ただ、個別の記事をメニューの中に入れることはあまりないような気がします。
  • カスタムリンク
    自由に名前とリンク先を設定して新たに項目を作ってメニューに追加することができます。

    カスタムリンク

    カスタムリンク

    例えば「ホーム」や「トップページ」などはカスタムリンクで作成してメニューに配置することが多いです。メルマガ登録ページなどの外部のサイトに飛ばすことも可能です。

  • カテゴリー
    投稿でカテゴリーを設定すると自動的にカテゴリーの記事の一覧ページが作られます。作成したカテゴリーをメニューに追加することで、記事の一覧ページへのリンクを張ることができます。

【STEP4】メニューの順番を並び替える・階層構造を作る

メニューに追加した項目はドラッグ&ドロップで順番を並び替えたり、主項目・副項目のように階層構造を作ることができます。

ここでは、固定ページで「子メニュー」を作成してメニューに追加し、プロフィールの下の階層に設置してみました。

ドラッグ&ドロップで並び替えや階層化ができる

ドラッグ&ドロップで並び替えや階層化ができる

導入しているテーマにもよりますが、階層構造を作ることでメニューの項目にマウスを乗せた時に子メニューを開いて見せることができます。

【STEP5】メニューに追加した項目の名前を変える

メニューに追加した項目の名前を変えることができます。固定ページのタイトルやカテゴリーの名前が長くてメニューとしては追加にくい場合があります。

その時は、メニューとして表示する名称を変更して短くすることができます。

名称を変更したい場合は、項目の右側にある矢印をクリックします。ナビゲーションラベルという項目があるので、その中身を書き換えることで名称を変更できます。カスタムリンクであれば、URLの変更も可能です。

メニューに追加した項目の名前を変える

メニューに追加した項目の名前を変える

メニューに追加した項目の名前の変更は、メニュー内のみ有効なので、メニュー側で名前を変更しても元の固定ページや記事ページには影響はありません。

【STEP6】メニューを配置する

メニュー設定の「テーマの位置」で追加したメニューをどこに配置するかを設定します。

メニューを配置する

メニューを配置する

ただし、位置は導入しているテーマによって呼称が違うので、導入しているテーマによって読み替えてください。多くの場合は「グローバルナビゲーション(グロナビ)」もしくは「ヘッダーメニュー」といった名称になっているかと思います。

【STEP7】メニューを保存する

メニューを作成したら必ず保存をしてください。ステップごとに保存をすることをおすすめします。保存するのを忘れてしまうこともあるので、あえてステップに加えておきます。

メニューを作ってコンテンツへアクセスしやすくしよう!

ブログは基本的には時系列に沿って並んでいくので、情報が整理されていない状態とも言えます。

カテゴリーやタグを使って分類する他、メニューを作ってページの上部にナビゲーションとして配置をしたり、ページの下部にフッターナビゲーションとして配置することで、読者にとって必要なページ、ぜひ読んで欲しいページへのアクセスがしやすくなります。

アクセスログを分析したりしながら、読者をうまくコンテンツへと導いてあげましょう。

どんな風にメニューを作るのかは、記事を書くときの考え方と通づるものがあります。よかったらこちらの記事もどうぞ。

[kanren postid="9370"]

-WordPressの活用

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.