起業家のためのWEBマーケティング講座

WEB業界20年のプロデューサーが教える起業家のためのWEBマーケティング活用法

起業・独立・開業

セミナー集客に苦しむくらいなら、いっそやめちゃうというのはどう?

投稿日:2016年7月13日 更新日:

セミナーと信頼関係

ブログ、メルマガ、セミナーは起業家の三種の神器のように語られています。ブログで集客して無料オファーでメルマガ登録してもらい、そこからセミナーに誘導してバックエンドを買ってもらうという流れを作るわけですね。

でも、本当にそのセミナーは必要なのかって考えたことはありますか?

セミナーを開くことが目的になってしまっていないか、価値を伝える方法をもう一度考えて直してみることをおすすめします。

僕もセミナーをやりますけど、セミナーありきでビジネスを組み立てるのは、起業して間もない頃には結構厳しいものがあります。

なぜセミナー集客は難しいのか

セミナーを開く理由はいろいろあると思いますが、主だったものはこんな感じではないでしょうか。

  • 新規のお客さんを獲得したいから
  • 商品やサービスの価値を理解して欲しいから
  • バックエンドを買って欲しいから
  • セミナーを開催しているという実績が欲しいから
  • 1対多のモデルを作りたいから

確かに、セミナーを活用すればこうしたものは手に入るかもしれません。

でも、起業して間もない頃に「セミナー集客」をするのは難易度が高いんじゃないかなと思います。自分自身の経験からもそう思います。

セミナーに足を運んでもらうというのは、移動という労力を強いるので集客のハードルは一気に上がるからです。

起業初期で認知度や実績がない状態だと信頼関係ができていないので、セミナーに足を運ぶ労力とセミナーから得られるであろう成果のトレードオフが成立しないんですよね。

セミナーを開くことよりも信頼関係をつくることを考える

セミナーは顧客接点を作るための手段の一つに過ぎません。だから、自分のビジネスは本当にセミナーがなければ成立しないのかを考えてみる必要があるんじゃないかなと思うんですよね。

セミナーの集客にかける時間とお金があるなら、ブログを通じてお客さんとの信頼関係を作ることに注力をした方がいいんじゃないかなと思います。特に起業して間もない頃は、信頼度なんて無に等しいわけですから。

コツコツとお客さんの役に立つ情報を提供しながら少しずつ信頼関係を作っていけば、セミナーを開かなくても仕事につながるようになります。

逆にセミナーの集客がうまくいったとしても、信頼関係がなければバックエンドを買ってもらうことは難しいですよね。

セミナーを開けば先生ポジションを獲得して仕事がとれるなんて教えもあるようですが、信頼関係があるからこそセミナーに足を運んでくれる人がいるわけだし、信頼関係があるからこそ仕事につながると考える方が自然じゃないかなと思うんですよね。

どんなに方法論を学んでもなかなか成果につながらない人は、信頼関係をつくるために何をすべきかという視点が足りていないことが多いです。

一方で、信頼関係をきちんと作れる人は方法を学ぶことで確実に成果を出すことができるようになります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-起業・独立・開業

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.