コラム

うまくやれない原因の一つは、それをやる理由をちゃんと理解していないことにある。

投稿日:2015年9月17日 更新日:

サッカーボール

先日、息子のサッカーの試合がありました。この日はいつものトップ下ではなく、2トップの一角。試合が劣勢だったこともあり、トップになかなかいい形でボールが入らなかったので、下がってボールをもらいに行きがちだったのですが、ベンチからの指示は「下がるな」でした。

まぁ、いつもと違うポジションだし、ボールが来ないので下がりたくなる気持ちもわかりますけど、トップの二人が下がっちゃうとポイントが低くなって攻めれなくなるのは目に見えていたので、僕も下がっちゃダメだなと思って見ていました。

なぜそれをするのか

試合の前日にも僕は練習を見に行っていて、その時には、「もっと降りてきて顔を出せ」という指示を受けてたんですよね。下がってきてボールに触るみたいな動きをしてました。これも、そういう動きは必要だよなと思ったのでフムフムと思って見ていました。

でも、息子的には、試合の前日と当日とでやるべき動きも指示も変わったということですね。なんかちゃんと動けてなくて、外から見ているとなんとも歯痒いわけです(笑)。

結局、チームはペースを握れず、本人も消化不良のまま試合が終わってしまった感じ。

うまくやれなかった原因はいくつかあると思いますけど、その一つは、それをやる理由をちゃんと理解できていなかったからじゃないかなと思います。

なぜその位置にいなければいけなくて、そこで何をすべきかを短時間で理解できなかったんでしょうね。だからポジショニングがフワッとしてしまったんだろうなと。

夜、それとなく聞いてみたら、やっぱり試合中の指示をちゃんと理解できていないというか、消化できてなかったみたいでした。流れの中で判断できないのはしょうがないよなぁと思いつつ、それってこういうことなんじゃないの、って言ったら納得はしてたみたいです(たぶん…)。

前日の練習も、実は言われるがままのタイミングで下がってボールを触ってたんじゃないかなと思います。どうしてそのタイミングで下がってボールを触る必要があるのかは多分ちゃんと理解しきれてないかなぁなんて。動きはなんとなくできているけど、効果的ではない感じ。

今は学びの時です。きっと、これから練習や試合を重ねていく中で、どう動くとどう局面が変わるかを教わりながら、体で感じてわかる時がくるんだろうなと思います。

ノウハウだけではうまくいかない

これは僕らのビジネスでも同じだったりします。

ノウハウだけを手に入れてもなかなかうまくいかないことが多いのは、その裏にある、ノウハウが生まれた背景や文脈がわからないからです。なぜそれが必要なのか、なぜそれが有効なのかをちゃんと理解していないと、アウトプットが違ってきます。

逆に、「なぜそれをするのか」を理解すると、自分なりに工夫しながらノウハウを取り込めるので成果につながりやすくなるということですね。

-コラム

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.