ブログ集客

ブログが面白いのはつながりと自分自身の変化を感じられるからじゃないかと思うんだ。

投稿日:

一筆書き

僕にとって、ブログを書くことのどこが面白いのかなって考えてみると、一つにはつながりを感じられることがあります。

自分の知っていること、考えていることを書く。それを必要として読んでくれる人がいて、さらにはリピートして読んでくれる人がいる。これは素直に嬉しい。そして楽しい。

ブログの面白さにはもう一つ、ブログを書くと自分なりの視点を持つようになるということがあります。ブログを書くようになると、ものごとをよく見るようになるし、考えるようになります。

今までぼーっと見ていたものでも、見え方が変わるし、ちゃんと見ようと思うようになるんですよね。で、それはどういうことかと考えてみたり、うやむやにしていたこととざっくりと捉えていたこととかも、ちょっと掘り下げて考えてみるようになったり。

そんな自分自身の変化もまた楽しいわけです。

だから、「やばい…ブログが楽しくないぞ」と感じる時は、今書いたようなことができてないんですよね。集客のためにゴリゴリにキーワードを突っ込んで文字数を追って記事を書いてもつまんないし、まぁ、成果は出ないですね。

それに、読んでいる方もその手の記事には辟易としてきてますしねぇ。わぁ…最後まで読めないわーみたいな。

集客のことを考えると人と同じことしか書けないっていう人、特に専門性の高い分野の人に多いんですけど、それは間違いなく自分ならではの視点が足りないってことです。

自分なりの視点と読者が求めていることの接点を見つけられればアクセスは増えるし、そこにつながりを感じられるようになっていきます。

結局のところ、自分なりの視点を整理しなければ、キーワードを調べたり文章術を学んだりしてもなかなかうまくいかないんです。

逆に視点が整理できた人は、ものごとの見方が変わってアイディアが出やすくなるし、日々のちょっとしたことにも気づきや学びを得るようになるんですよね。で、それをブログに書いて誰かに教えてあげる。

すると、「その考え方や捉え方っていいなぁ」と思ってくれる人がリピーターになります。読者の方も共感してつながりを感じる状態になるわけですね。

これをね、面白がってやれるかどうかだと思うんですよ、ブログの集客って。いかにしてつながりをつくるのか

SEOのノウハウやコピーライティングのテクニックは、その中で使うものです。この順番を間違えるから役にたつことがかいてあるっぽいけれど、つまらないブログができあがっちゃうんですね。

うまくいかない時ほど負のスパイラルにはまってしまいがちですけど、そこから抜け出して上昇スパイラルに乗るのもすべて「楽しむこと」「面白がること」なんですよね。

いやぁ…久々に一筆書きのごとく書いてしまったので、何か手持ちのいい画像ないかなとアイキャッチに設定したこの前撮影したKindleの画像。よく見たら一筆書きじゃないじゃん!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.