ブログ集客

キーワードをタイトルに入れるだけではSEO対策にならない

投稿日:2018年11月25日 更新日:

キーワードをタイトルに入れるだけではSEO対策にならない

ブログの記事タイトルにキーワードを入れなければ、検索エンジンからの集客はほぼ不可能です。

では、タイトルにキーワードをいれておけば誰でも集客ができるのかというと、そういうわけでもないですよね。

この辺がブログ集客の難しくも面白いところなのですが、キーワードをタイトルに入れるだけではSEO対策にはならないのです。

集客できないブログを見ると、ブログの記事を書く前に失敗していることがとても多いです。

なぜ、記事を書く前に失敗をしてしまうのか…。

それは、「キーワードの設計をせずに記事を書いているから」です。

ブログ集客のSEO対策に必須の「キーワード設計」をせずに記事を書いている

集客できないブログはキーワード設計をせずに「なんとなく」キーワードをタイトルに入れているだけ、というケースがほとんどです。

思いつきとは言わないまでも、リサーチと設計がされていない状態で記事を書いても集客は難しいです。

集客がうまくいかない人は、ブログを書く前に次の2つをやってみてください。

ポイント

  • その記事で集客したいターゲットを決める
  • SEO対策したいキーワードの組み合わせを考える

SEO対策で集客したいターゲットを決める

サイト全体のターゲットは決まっていると思うので、今度は記事ごとにもターゲットを決めていきます。

どんなことを知りたくて検索をするのかが想定できれば、キーワードの方向性を決めることができます。

キーワードがわからない、キーワード選定が難しいという人はターゲットを決めているようで実は特定できいないケースが多いですね。

ターゲットを決めておくメリットは、キーワードの選定だけではありません。

誰に向けて記事を書くのかが決まれば、ブログに訪問してもらった時に求めているドンピシャな情報を提供することができます。

質の高い記事を書くためにも、サイト全体のターゲットと個別の記事ごとのターゲットを決めてから書くようにしましょう。

ブログ記事でSEO対策したいキーワードの組み合わせを考える

キーワードの設計とは、SEO対策をしたいキーワードの組み合わせを考えることです。

サイト全体での設計、カテゴリごとの設計、記事ごとの設計など、複数の単位で考えていくことになります。

ターゲットを決めて、どんなことが知りたくで検索をかけるのかを考えた上でキーワードを選定していきます。

例えば、パソコンの選び方に関する記事を書くとしたら、

  • パソコン 選び方

というキーワードをタイトルに入れて記事を書いたとしても、「どんなことが知りたいのか」までは落とし込まれていないので、キーワードの設計としては不十分です。

なので、

  • パソコン 選び方 初心者
  • パソコン 選び方 比較
  • パソコン 選び方 メーカー

といった具合に、より具体的なキーワードの組み合わせまで落とし込んでいきます。あくまでもサンプルですが、このレベルまで落とせば、記事タイトルに入れるべきキーワードも明確になるし、記事の内容もより具体的になります。

  • パソコン 選び方 初心者

というキーワードの組み合わせであれば、初心者をターゲットにした記事なので、

  • どの程度の初心者なのか
  • 初心者のパソコン選びの時に知りたいことは何か
  • 難しい用語はないか
  • 記事の中でどこまでフォローをしてあげれば満足してもらえるのか

など、初心者がパソコン選びをする時に教えてあげたいことを考えていきます。

ちなみに僕はこの作業をする際には、マインドマップのツールを使って考えます。

キーワード選定のマインドマップサンプル

キーワードや記事の内容にもよりますが、平均的なボリュームとしてはだいたいこの2倍程度でしょうか。

これはまだ途中のものですが、抜け漏れに注意しながら、できる限り細分化していきます。

あとは、それぞれのキーワードの組み合わせがどれくらいニーズがあるのかを調べて、ニーズの高いものから順番に記事を書いていくだけです。

注意ポイント

なんでもいいから組み合わせればいいというわけではなく、あくまでも検索されているキーワードであることが前提です。

文章のような長いタイトルをつけている記事を見かけることがありますが、その中に適切なキーワードの組み合わせが入っていなければなんの意味もありません。

逆に長いタイトルは読みにくいので、読み手にとって不親切なんじゃないかなぁと個人的には思っています。

文字数が多いと検索結果画面に表示された時に省略されるなどのデメリットもありますしね。

結論:キーワード設計をした上でタイトルにキーワードを入れる

キーワードを入れてタイトルをつくるということは、SEO対策のためでもあり、読者を絞り込むためです。

僕のは、読んで欲しい人に届くように狙いを定めてタイトルを決めて記事を書いていく感覚で書いています。

なので、書いた記事が検索結果画面に狙い通りに出てくるかをチェックしながら、必要に応じてどんどんブラッシュアップをしていくことになります。

キーワード設計ができるようになると、他のブログの記事タイトルを見た時に何を狙っているのかがわかるようになります。

タイトルを見て狙いがわかるようになれば、ライバルのブログのリサーチの精度もあがるので、まずは上記の内容を取り入れてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2019 All Rights Reserved.