ブログ集客

起業したい人、起業したばかりの人に伝えたい正しい集客ブログの始め方

投稿日:2016年7月16日 更新日:

集客ブログの始め方

起業したい人、起業したばかりの人向けにブログの始め方、ブログ集客の考え方について書いてみようと思います。

ブログの集客は正しい手順で進めないと時間をかけて取り組んでも成果が出ないし、ストレスも溜まり、

自己流でやる成果が出ない諦める

というパターンにはまってしまいます。

せっかく、やりたいことや得意なことで起業するんだから、こんなパターンにはまって欲しくないなぁと。

何よりも、お金は取り戻せるけど、時間は取り戻せないですからね…。

ブログで集客したいなら最初にSEO対策のキーワードを考えてはいけない

ブログで集客をしたいなら最初にSEO対策のキーワードを考えてはいけません。

人が集まるブログをつくるには、検索エンジンからの流入を考える必要がありますけど、キーワード探しをする前に考えて欲しいことがあります。

集客がうまくいかない人の多くはこのステップの順番を間違えて、いきなりキーワード探しから始めるケースが多いです。

ブログ集客の最終的なゴールは、商品やサービスを買ってもらって、お客さんになってもらうことですよね。だから、「買ってもらう」ためにはどうすればいいのかを逆算で考える必要があります。

集客から販売までを一つの流れとして後ろから考えるので、SEO対策のキーワードを考えるのは一番最後のステップなのです。

だから、これから起業したい人、起業したての人は、まずはWEBを使った集客から販売までの流れをつくることから始めたいですね。キーワード探しはそれからです。

目的を決める

まずはブログの目的を明確にすることです。

集客ブログは、最終的には商品やサービスの販売につながる流れをつくることになるのですが、読者は買い物をしようと思ってブログに訪れているわけではないので、いきなりブログでセールスをするのは難しいです。

なので、商品の認知や書き手である自分自身のことを知ってもらうなど、ブログの目的はいろいろとありますが、読者の連絡先を聞くことがメインかつ重要なミッションになります。

ここで決めた目的を果たすためにこれから記事を書き続けていくわけです。

お客さんにしたい人を決める

まずは「誰」に「何」を買ってもらえれば自分のビジネスが成立するのかを明確することから始めます。

そのうえで「どうすれば」買ってもらえるのか、「どんなメディア」を使って「どんなメッセージ」を届ければいいのかを考えるということですね。

後ろから一つ一つを考えて、最後の段階で、じゃあどんなキーワードなら集まってもらえるかなってということになります。

このステップをふまずに集客をしようとしても、人が集まるブログはつくれないし、なんとか人を集めたとしても販売には繋がらないということが起きてしまうわけです。

お客さんの抱える悩みや不安、願望をあぶり出す

商品やサービスがすでにあるのであれば、その人に向けて書けば良いのですが、ビジネスを立ち上げながらブログを書くのであれば、ここで誰に向けてブログを書くのかをしっかり決める必要があります。

自分の商品やサービスが誰のどんな悩みを解決するものなのかを考えるってことですね。

この時、絞り込めば絞り込むほどメッセージは届きやすくなります。

お客さんの抱える悩みや願望を知るには、ペルソナをつくるという方法があります。具体的な自分像を絞り込んで考えることで、悩みや不安、願望を具体的に考えるということですね。

絞り込んで考えることで、お客さんの悩みや願望に対してピンポイントに呼びかけることができるようになります。広げるのは後からいつでもできるので、まずは絞り込んで考えてみましょう。

デモグラフィック変数

「年齢」「性別」「世帯規模」「所得」「職業」「学歴」などを定義します。統計的なデータとして使う要素なので、イメージしやすいのではないでしょうか。

サイコグラフィック変数

「価値観」「ライフスタイル」を定義します。仕事やお金、家族や人間関係、趣味、好きなモノ・コト、などを一つ一つ考えていきます。こちらは想像力とリサーチ力が必要です。WEBや雑誌を駆使して情報を集めながら考えていきます。

こうして、絞り込んだ人に向けてメッセージを発信すると、それを目にした人は「自分のことだ」って感じるようになります。まさに、さっきの呼びかけの例のとおりですね。

うまくいかないなと思った時には、お客さんの設定に立ち返って考えてみることです。

また、ビジネスが動き出した後も定期的にお客さんの見直しをかけながら、商品やサービスのブラッシュアップをしていくことをおすすめします。

お客さんがどんなことに悩んでいるかを考える

お客さんにしたい人が、どんなことに悩んでいるかを考えます。

ブログ集客では、お客さんのお悩みキーワードが重要になるので、どんなことで悩んでいるのかをしっかり理解しておく必要があります。

すでにお客さんがいるなら、そのお客さんがどんなことに悩んでいたか、共通点はどんなことなのかって考えてまとめれば早いですね。

まだお客さんがいないから、想像するのではなくリサーチをすることをおすすめします。Yahoo!知恵袋やAmazonなどを使って調べることができます。

[kanren postid="7961"]

お客さんの絞り込みや悩みを知ることは、商品やサービスのコンセプトを考えるうえでも超重要です。しっくりこないなと思ったら、何度でも考え直してみてくださいね。

ブログで集客をしたいなら商品コンセプトを徹底的に考える

お客さんを決めたら、次にお客さんが欲しいと思う商品をつくる。

集客できない人は、ここが弱いケースが圧倒的に多いです。最初に書いたように、ブログの集客の最終的なゴールは、商品やサービスを買ってもらうことです。

お客さんが欲しいと思う商品があって、それを買ってもらうための手段の一つとしてブログを使うということですよね。

だから、ブログでどうやって集めるかを考える前に、どんな商品だったら欲しいと思ってもらえるのかを徹底的に考えることが必要です。

そこが決まれば、この商品やサービスによって見込み客がどうなるのか、悩みが解決したり、願望が叶ったり、といったことをブログで伝えればいいわけです。

つまり、商品コンセプトを明確にするということです。

商品が決まっていないとか、なんとなく決まっている、みたいな状態だと実際に買ってもらうものがないから、商品のことをブログを通じて伝えることができないんですよね。

僕自身もそうでしたけど、起業の最初の頃は、商品やサービスって自分が思っている以上に曖昧な状態であることが多いんです。

目に見えない無形のサービスの場合は特にその傾向が強いです。

自分の頭の中では、サービス提供のイメージができていても、お客さんにはそれが伝わらないんです。

自分の商品やサービスが、誰のどんな悩みや願望に応え、どんなメリットを提供できるのかを言葉にして伝えるということが何よりも大切なんですね。

ブログはそれを伝えるために使う、って考えるとキーワードのヒントも見えてきます。

悩みを解決するためにどんなキーワードで検索するのかを考える

いよいよキーワードを考えるステップです。

お客さんがどんなことで悩み、どんなキーワードで検索するかを考えます。まずは、設定したお客さん像をもとに考えて、どんどん書き出していきます。

ある程度のキーワードをあげたら、そのキーワードが月にどれくらい検索されているかを調べます。

誰も検索しないキーワードを使って記事を書いてもブログへアクセスを集めることはできないので、必ず調べるようにしてください。

キーワードプランナーを使う

キーワードがどれくらい検索されているかを調べるには、googleのキーワードプランナーというツールを使います。

キーワードプランナーはGoogle Adwordsというgoogleに広告を出稿する時にキーワードの検索ボリュームを調べるためのツールです。

googleのアカウントがあれば、Google Adwordsの広告アカウントを作成できます。広告を出稿しない限りは課金されることもないので、キーワードのニーズを調べるツールとして活用しましょう。

グーグルサジェストを使う

グーグルサジェストというのは、googleで検索をする時に検索窓にキーワードを入れると関連するキーワードを補完してくれる機能です。そうそう、あれです。

グーグルサジェストは入力されたキーワードと関連のある人気度の高いキーワードを補完してくれると言われています。

自分の入力するキーワードと一緒に検索される人気のキーワードを知ることができるという優れモノです。これも使わない手はないですよね。

実際に検索して確かめる

キーワードを考える時には、必ず実際にそのキーワードで検索することです。

検索した時にどんな結果を返してくるかで、人がどんなことを知りたがっているか、そして、googleがそれにどういう答えを返そうとしているのかの傾向がわかるからです。

例えば、ホームページ制作とホームページ作成は似たような言葉ですが、検索してみると返ってくる答えは大きく違います。

必ず検索してみてくださいね。

キーワードを使って記事を書く

お客さんが決まり、そのお客様が何に悩んでいて、どんなキーワードで検索をしているのあたりがついたら、いよいよ記事を書くステップです。

ここにたどり着くまでに正しいステップを踏んできたかどうかで集客ブログの成果は決まります…。

記事タイトルや見出し、本文にキーワードを入れるなど、技術的に外せないものもありますけど、その記事が読者にとってメリットあるものなのかどうか、一貫性がある記事になっているかなどを考えて書く必要があります。

記事の書き方にもコツがあるので、こちらを参考に書いてみてください。

まとめ

ブログで集客をするなら、最初にSEOを考えるのではなく、まずは集客から販売までの流れをつくって逆算で考えるとうまくいきます。

その中心となるのは、お客さんであり、お客さんが欲する商品やサービスです。誰にどんなメリットを提供する商品・サービスなのかという商品コンセプトをきっちり定義したら、あとはそれをブログで伝えていけばよいということですね。

これから起業したいとか起業したばかり、という人であれば、こうしたステップを意識してブログをつくっていくことをおすすめします。

キーワード先行で集客できたとしても、魅力的な商品やサービスがそこになければ決して売れることはないですから…。

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.