WEBマーケティング ブログ集客

なぜブログにキーワード対策をしてノウハウを書きまくっても仕事につながらないのか?

投稿日:

仕事につながるブログの作り方

ブログを使った集客であれば、SEOを意識しますよね。

見込み客がどんなキーワードを使って検索するかを考えたり調べたりしながら記事を書くというのは基本中の基本ですが、中でもキーワードを絡めて書きやすいのがノウハウ系の記事です。

ノウハウ系の記事はキーワードも自然に入れやすいのでSEO対策にもなるし、自分の専門性の高さをアピールできるので、集客のためのブログを書く上では有効な手段です。

ノウハウ系の記事を書いても仕事につながらない理由

ノウハウ系の記事は集客に有効ですが、ノウハウ系の記事を書いてばかりだと、ある程度の集客はできてもブログ起点での仕事にはつながりにくかったりもします。

なぜなら、ノウハウそのものはあなたが選ばれる理由にはなりにくいからです。

例えば、ぼくの場合だったら、「記事タイトルにキーワードを入れよう」とか「タイトルには数字を入れると効果的」なんてことを書いてみても何の新しさもないし、表現の違いがあったり、多少詳しく書いてみたとしても、所詮どっかで見たような情報でしかないんです。

その手のノウハウを初めて目にする人であれば「なるほど!」ってなるかもしませんが、ちょっと検索すれば、みんな同じことを言っているということに気がつくはず。

だから、がんばってノウハウ系の記事を書きまくったところで「このサイトは役にたつ」とか「この人はなんか違うな」という印象を持ってもらうのは難しいわけです。

モーレツな独自性のあるノウハウでない限りは、ノウハウ系の記事を書きまくっても、どこかで読んだことがあるような記事ばかりのブログになってしまいます。

特別な印象のない人に仕事を頼もうとか、問い合わせをしてみようとか思わないですよね。

これがノウハウ系の記事だけではなかなか仕事につながらない理由です。

個性的であること。独自性をもつこと。

ノウハウ系の記事だけでは仕事につながらないなら、ノウハウだけではない記事を書けばいいということですよね。

よく「ブログを通じてファンをつくろう」なんて言いますが、ファンをつくるという考え方にはブログにどういう記事を書いていけばいいのかのヒントがあります。

そもそもファンなるとはどういうことなのかを考えてみると、ノウハウやテクニックのファンになるではなく、そのブログの書き手のファンになるってことですよね。

どんなことを考え、どんな価値観を持っているのかが伝わる記事を書くことで、その記事には個性が宿り、独自性を持ち始めます。つまり、記事の中で自分だけが持つ世界観を表現していくことが他の人との違いをつくっていくことになります。

例え同じようなノウハウだったとしても、世界観が感じられるものは読んでいて面白いし、どんな人が書いているんだろうって興味がわきますよね。

誰かのファンになるというのは、ノウハウではなく、そうした世界観を通じてその人のファンになっていくわけです。

そういう状態をつくることができれば、「この人にお願いしたい」と思ってもらえるようになります。これがブログを通じて仕事を獲得するプロセスです。

WEB集客には技術と世界観の両軸が必要

このように、WEBを使って集客をしたいと考えるなら、SEO対策やブログの構造設計などの技術的な視点と個性を伝える独自の世界観の両軸でコンテンツをつくっていくことが必要です。

どちらか一方では機能しません。

ノウハウやテクニックがあるのは大前提で、あとは好きか嫌いか、自分と合いそうかどうかみたいなところで選ばれることが多いんですよね。

ノウハウと世界観、この2つが「ハマる」とブログを書く楽しさも成果も加速していきますよ。

-WEBマーケティング, ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.