ブログ集客

初心者必見!ブログの集客に必要なアクセス数の考え方

投稿日:2016年7月8日 更新日:

ブログの集客に必要なアクセス数の考え方

ブログを始めると気になるのがアクセス数。書く以上はやっぱりたくさんの人に見て欲しいって思っちゃいますよね。

でも、ブログを始めたばかりのほとんどの人はどれくらいのアクセス数が必要で、どれくらいのアクセスがあれば十分なのかがわからないままブログをやっているんじゃないかなと思います。

ブログの集客は目標を立てることから始まる

WEBはやったことの効果が測定しやすいメディアです。だから、欲しい数字をどうやって組み立てるかを考えるのが基本。

例えば、セミナーに10人集めたいのであれば、そのためにはどれくらいのアクセス数があればよいのかって考えるということです。

先に用語の説明をします。ブログに集まったアクセスを申し込みや問い合わせなどに転換することをコンバージョン(Conversion)と呼び、転換できた割合のことをコンバージョンレート(Conversion Rate)と呼びます。

重要な指標の一つなので、知らなかったという人は覚えてください。書き方としては、CVRと書かれることが多いですね。

WEBでは、サイトや商品にもよりますが、一般的にはCVRは1%あれば優秀だと言われています。

必要なアクセス数はこのCVRを使って計算することができます。

必要なアクセス数 = 目標とする数字 ÷ CVR

セミナーに10人呼びたくてCVRが1%だとしたら、

10(目標) ÷ 0.01(CVR) = 1000(必要なアクセス数)

となるので、セミナーの申し込みページには1000アクセスが必要ということになります。ブログ全体のアクセス数ではなく、申し込みページへのアクセス数であることに注意してください。

考え方としては、超シンプルですよね。

実際には、やってみないとCVRはわからないのですが、まずは1%を目安にしておくと良いでしょう。ただ、アクセス数が増えるにつれてアクセスの質は下がっていくので、1%という数字を獲得するためにはそれなりのアクセス数が必要となることが多いです。

どこからどれくらいのアクセス数を集められるのか考える

10人をセミナーに呼ぶために、申し込みページを1000人に見てもらう必要があるとしたら、どんな方法があるかを考えます。

検索結果画面からの流入はお金がかかりませんけど、セミナーのように期日が決まっている場合には確実性がないですよね。いつ検索されるかわからないから。

だから、メルマガなどを使って告知をするのです。

メルマガの読者は多少なりともあなたのビジネスに興味をもって登録してくれているはずなので告知をすればページに訪れてくれる可能性は高いと言えます。

こちらの意図したタイミングで意図した人に伝えることができるのがメルマガの強みですよね。これがリストをとる理由です。

リストを活用する方法としては、ソーシャルメディアで告知をするという方法もあります。

Facebookの友達やフォロワーやtwitterのフォロワーなどがリストにあたります。その人たちに向けて告知をするということですね。Facebookページがあれば、いいね!してくれている人も対象ですね。

SNSの場合は、友達やフォロワーのどの程度が見込み客となりうるのかどうかがポイントです。

検索して探してくる人やメルマガの読者に比べると興味度や確度はかなり下がるので、その点を加味して考える必要があります。

足りないアクセス数を広告を使って集める

検索結果、メルマガ、SNSなどの手段を使っても母数となるアクセス数がなかなか集まらないとしたら、あとは広告を使って集めるという方法があります。

googleやYahoo!などの検索エンジンのほか、Facebookやtwitter、最近ではInstagramなどにも広告を出すことができます。

広告にはお金がかかりますけど、セミナーの参加費や商品・サービスの売り上げで回収することを計算して先行投資として出稿するわけです。

一人の申し込みを得るのに1万円かかるとしても、セミナーの参加者に10万円の商品やサービスが売れれば儲けになります。あとは、参加者のうち何人が買ってくれるのかという計算になります。

広告以外でアクセス数を集められるのであればそれが理想ですが、ブログを始めたばかりの頃であれば、そうそううまくはいかないものです。

広告のいいところは、時間がない時の集客方法として活用できること、アクセスの質をある程度は期待できるということです。つまり、短期間に興味のある人を集めやすいということです。

中には、広告にお金をかけたくない、広告は嫌いだという人もいますが、申し込みページにアクセスを集められない限りは絶対に申し込みは入らないということを理解する必要があります。

広告を使わなくても興味のある人を集める方法を持つことが理想です。そのためには読者が知りたいと思っていること、興味を持つことをブログを使って発信し続け、濃い読者を集めることがシンプルな方法じゃないかなぁと思います。

まとめ

今回はセミナーを例に書いてみましたが、メルマガの登録でもお問い合わせも考え方は全く同じです。欲しい数から逆算して考えるということですね。

簡単にまとめると次の3つのステップにまとめられます。

  1. 集めたい数字の目標をたてる
  2. 目標を達成するために必要なアクセス数を計算する
  3. どこからアクセスを集めるかを考える(メディアや広告など)

こうしたステップを何度も繰り返していくうちに、データをもとに自分のビジネスであれば、CVRの目安もわかってきます。

考え方はとてもシンプルですよね。アクセス元を増やす、CVRを改善するといったことを愚直に繰り返すことです。

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.