ブログ集客 起業・独立・開業

ブログ集客の始め方。基本をざっと押さえたらまずは書いてみよう。

投稿日:

ブログを使って集客を始めたばかりの頃には「何を書けばいいかわらかない」という悩みを抱える人が多いようです。

「何を書けばいいかわからない」というのは、純粋に何をテーマにどんなことを書けばいいのかがわからないというケースもあれば、アクセスを集めるためには、どんなことを書けばいいのかがわからないというケースがあるようです。

実際にコンサルをしていると、最初は何をテーマに書けばよいかがわからず、次に、アクセスを集めるために書くべきことがわからないという感じですね。

でも、それは健全な悩みというか、始めたばかりの人なら必ずぶつかる壁なんじゃないかなと思います。

WEB集客の基本をざっと押さえたらとりあえず書いてみること

ブログの基本は書くことです。書かなければ何も始まらないし、何も起きません。

だから、まずは書いてみることです。

何を書けばいいのかわからないのに、書いてみろと言われても書けないと思うかもしれませんが、そんな人は発想を変えてみるといいんじゃないかなと思います。

WEB集客とかブログ集客なんて聞くと構えてしまうのかもしれませんが、ビジネスブログで集客をしたいのであれば、とりあえずは、今お客さんに伝えたいと思っていることを素直に書いてみれば良いのです。

商品やサービスの良さでもいいし、「自分はこんなことを考えてビジネスをしています」でもいいし、ビジネスに関することであれば、何でもOKです。

最初からうまく書ける人なんていないし、誰かに迷惑をかけるわけでもないですしね。緩くても全然かまわないし、文字数なんかも気にする必要もありません。

本当のところは、記事を書く前にはサイトやコンテンツの設計をきっちりやる必要があるんです。WEB集客はサイトの構造やキーワードなどの設計がとても重要で、設計なくしてWEBサイトもブログもできあがらないし、成果をあげることもできません。

でも、これから始めようという人については、キーワードの考え方や記事タイトルのつけ方などの最低限の情報をインプットしたら、まずは書いてみることをおすすめしています。

なぜなら、書いてみないとキーワードの選び方やタイトルのつけ方、記事の書き方などを「自分ごと」として理解できないからです。頭で理解をするだけでは、知識やノウハウは本当に自分のものにはならないんですよね。

やってみることで知識が経験に変わり、その時に初めて、「ああ、そういうことなのか!」と思えるようになるわけです。

ブログはアウトプットをしながら育てていく

がんばって書いても、最初のころはなかなかアクセスがないので、しばらくはガマンが必要です。でも、書き続けていると、どんなことを書けばアクセスがあるのかが、だんだんと見えるようになってきます。

逆にアクセスがない記事もわかるので、アクセスがある記事との違いを考えたり、アクセス解析のデータを見たりしながら、記事の手直しをしていくことになります。

まさに書きながらブログを育てていくという感覚ですね。最初から完成度の高さを考える必要なんてありまません。

ブログのいいところは、後から何度でも書き直したり、書き足したりできることなのですが、書きっぱなしになっている人が多いんですよね。本当にもったいない…。

新しい記事を書きながら、古い記事を修正していくというサイクルができればしめたもの。それを続けることで、あなたのブログはアクセスを集めることができるようになっていきます。

こんな具合に、記事を書いてどんどん情報を発信しながら、結果を見て改善活動につなげるという仕組みを作れた人は、ブログを育てながらビジネスにつなげていくことができています。

その状態にたどり着くためにも、まずは書いてみること。書き続けることです。

頭でっかちにならずに、小さな行動を起こしてみましょう。

もしも、ある程度の記事を書いてみたけれど、改善ポイントがうまく見つけられないときには、専門家にアドバイスをもらうのが近道です。専門家の力もうまく活用しながら、ブログを育てていきましょう。

今日のひとこと日記

サッカーを頑張る息子の勉強時間の確保のために、プロジェクトマネジメントの手法を投入することにしました。こんなところで役立てることになるとは…(笑)

サービス案内

-ブログ集客, 起業・独立・開業

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.