世界観

世界観はパクれない

投稿日:2016年2月3日 更新日:

こんにちは。

WEB活用売上アップサポーターの橋本です。

僕は昔から好きなアニメ作家がいます。新海誠さんという方です。アニメは見たことがなくても建設会社なんかのテレビCMも手掛けているので、目にしたことがあるんじゃないかと思います。

これじゃない的な世界観

彼はもともと一人でアニメーション作品を作っていました。彼の描く世界観が好きで、最初の作品からずっとファンです。

今でこそスタッフを抱えて作っていますが、スタートは一人で作り続けていました。同い年ということもあって、その情熱に共感というよりも憧れと尊敬に近いような感情があります。マジでリスペクトです。

なので、DVDが出れば脊髄反射で買うというファンの典型です(笑)。

ただ、ある作品だけはDVDを買ってないんですよね。というのは、予告編を見た時に、そこに彼の世界観を感じられなかったからです。

ぶっちゃけ、宮崎駿監督の世界観を模した作品だなと感じました。

その後、新海監督のトークショーに参加した時に、「より多くの人にメッセージを伝えるために、あえてそういう世界観を描いた」というようなことをご本人も言っていたのですが、ファンとしてはちょっと残念な作品だったりもします。

新海ファンからすると、これじゃない的な世界観というか。

話題性はあったかもしれないけれど、意図した効果はなかったのかもなぁと思っています(偉そうにすいません)。

本当に伝えたいことには熱がこもる

これって、僕らのビジネスでも同じだなぁと思うことがよくあります。

よくブログに情報を載せるとパクられるという人がいます。まぁ、その気持ちはわからないでもないですけど、自分しか知らない情報なんてほぼ存在しないんじゃないかって思いません?

要は置き換え可能なものはパクられるということです。業界の中で言われていること、業界の常識なんかはまさにそうですよね。多少のノウハウやテクニックなんかはあるかもしれないけれど、100%オリジナルなんてことはないですよね。

だから、そこにあなただけの世界観を反映させるわけです。それが独自性になる。

あなたの価値観や考え方、好きな事、好きな物、話し方、書き方、などはあなただけのものです。見え方をどんなに似せても世界観はコピーできないのです。

本当に伝えたいことは、そこにこもる熱が違います。借りてきた言葉じゃなくて、実体験をもとにした言葉は重みがあるし、その人しか言えないことだったりですよね。人はそこに惹かれるわけです。

人はみな違うということを理解すれば、自分だけの世界観をつくって表現していくことで、独自性を打ち出していけるということですね。

読み手が感じる面白さって、その人の世界観にあるわけだし、書いている本人も自分の世界観を表現できている時って書くのが面白いと感じるてるんじゃないかなって。

これだけ情報があふれていると、世界観が感じられないものは届かなくなりますね。きっと。

追伸
今年発表される新海監督の作品が楽しみで仕方ないです。

-世界観

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.