ブログ集客

ブログ集客のターゲッティングのコツはイメージだけではなくリサーチをすること

投稿日:2016年7月14日 更新日:

ブログのターゲッティングはリサーチが大事

ブログ集客のターゲッティングのコツはイメージだけではなくリサーチをすることです。

ブログで集客できないという人は、「きっとこんな感じ」というイメージだけでものごとを捉える傾向があります。

顧客像を決める時も、その人たちがどんな情報を求めているかも、自分の頭の中で想像してしまうんです。

で、その想像が事実と大きくずれてしまうので、ブログを書いても反応がなかったり、検索エンジンからの流入もなかったりするわけです。

ブログの集客のコツは、こうした自分の中のイメージから抜け出して、「実際はどうなのか」を調べることにあるのです。

僕もブログで集客できない人でしたが、当初はリサーチと言われてもピンときませんでした。

調べると言っても何を手掛かりにしたらいいかもわからなかったし、結局自分で考えるしかないんじゃないかって思ってたんですよね。

その結果、ずいぶんと遠回りすることになってしまいました…。

お客さんが何に悩んでいるかを調べる

リサーチは誰でもできます。リサーチのやり方も、ネットで検索すれば出てくるし、検索キーワードの探し方の本なんかにもよく書かれています。

でも、みんなあまりやらないんですよねぇ。

本当のところは、やり方がわからないというよりも、調べることの価値がわからないからじゃないかなと思います。

今思えば、僕はそうだった気がします。わからないというよりも、自分の頭で考えたことと大差ないだろうって思ってたんですよね。

でも、実際にはまったく違っていました。

自分の頭の中でイメージすることは思い込みも強いし、自分のイメージできる範囲の答えしか出てきません。

一方で、リサーチによって得られるものは、顧客や見込み客、見込み客になるような人たちが実際にどういう視点でものごとを見ているのかを探ることができます。

誰にでもできるリサーチの方法

イメージとリサーチの違いは頭の中で「言葉」としてわかっていても、実際にやってみないと本当の違いはわからないものです。

簡単に誰でもできる、お客さんやマーケットに関する情報の調べ方についてまとめてみました。

既存客を分析する・聞いてみる

すでにお客さんがいるのであれば、自分のお客さんの傾向や特徴を分析するのが早いし確実です。これをやっていない人が案外多いです。

お客さんによって具体的な課題は違っても、根っこの悩みは実は同じだったりします。ポイントは抽象化と具体化の二つの視点で考えることです。それで、わからないことが出てきたら、ちょっと聞いてみるとか。

お客さんに聞いてみるというのは、めちゃくちゃ有効な方法なんですけど、まだお客さんがいないとか少ない人にとっては、この時点で自分にはリサーチはできないって思っちゃうんですよね。

でも、お客さんがいなくても調べる方法はあります。

ライバルを調べる

ライバルが実際にどんな人をお客さんにしていて、どんな情報やサービスを提供しているかを調べると、そこにどんなマーケットがあるのかがわかります。

ライバルを調べる時には、売れている人を見ることです。売れてない人やニッチな路線の人を調べても意味はありません。

そこに気をつければ、無人島でビジネスをするなんてことはなくなります。

ちなみに、ライバルを調べるというと、競合比較や差別化をイメージする人が多いのですが、それはあまり意味のないことです。

なぜなら、お客さんが知りたいのは、あなたがライバルとどう違うのかではなく、自分の課題をどう解決してくれるかです。この話はまた今度。

Amazonで調べる

実は、書籍もライバルの一つです。

カテゴライズされている分野があれば、そこにははっきりとしたマーケットがあるわけだから、どんな人に向けてどんな情報を発信しているか、それに対してどんなレビューがついているかを調べるとヒントが得られます。

また、レビューを見ると、その本がお客さんの知りたいことに応えているかどうかがわかるので、要チェックです。

それから、書籍のタイトルのつけ方なんかも参考になりますね。

Yahoo!知恵袋で調べる

Yahoo!知恵袋とは、知識や知恵を教えあうコミュニティです。Wikipediaによれば、知識検索サービスとも書かれていますね。

自分のビジネスに関わることで、どんな質問がされているのか、どんな回答があるのかを調べることができます。

いろんな人が同じような質問をしたりもするので、知りたいことって結構似ているんだなぁと思うこともあります。

キーワードプランナーで調べる

ブログで集客するなら、どんなキーワードを使ってブログを書けばアクセスしてもらえるかを考える必要があります。

これも「たぶんこんなキーワードで検索するんじゃないかな」というイメージで決めるのではなく、実際にどんなキーワードが検索されているかを調べればよいわけです。

googleが提供しているキーワードプランナーというツールを使えば、キーワードの月間の検索ボリュームの概算を知ることができます。

検索されないようなキーワードでブログを書いてしまうという失敗を避けることができます。

グーグルサジェストで調べる

キーワードプランナーと一緒に使いたいのが、グーグルサジェストです。検索ワードを入力すると、そのワードと一緒に検索されている人気のワードを補完して提案してくれるというものです。

検索する時には複合ワードで検索をすることが多いので、グーグルサジェストを使えば、どんなワードの組み合わせでブログを書けばいいかのヒントを得ることができます。

ワードの組み合わせを手探りで探すよりも効率的だし、確実ですね。

まとめ

と、こんな具合にリサーチの方法はいろいろあるし、他にもあると思うんですけど、どんなにリサーチをしたとしても、結局のところはやってみないとわからないんですよね。

ただ、イメージをもとにランダムに試すのではなく、リサーチをして事実をもとに試すのでは、同じ試行錯誤でも精度は全く違います。

イメージだけではなくリサーチをする

もしブログの集客ができないと悩んでいるなら、もう一度ここを見直してみてください。自分の頭の中で描いていたものと実際に起きていることにギャップがあるかもしれません。

お客さんのこと、お客さんが知りたいことを一つ一つ調べて答えを出していけば、改善できますよ。

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.