起業家のためのWEBマーケティング講座

WEB業界20年のプロデューサーが教える起業家のためのWEBマーケティング活用法

WEBマーケティング

WEBマーケティングを学んでも起業はうまくいかない?

投稿日:2016年7月24日 更新日:

WEBマーケティング

WEBマーケティングを学んだけれど、なかなかビジネスが立ち上がらないという悩みの原因として多いのが「学ぶ」ということの考え方がずれているというパターンです。

このパターンにはまっている人は、WEBマーケティングを学んだというよりも、WEBを使った集客のカリキュラムを学んだだけに近い状態なことが多いですね。

試行錯誤の中から自分なりの方法をつかめ

WEB集客のカリキュラムを学んだだけというのは、ブログを書く、無料オファーでメールアドレスを集める、ステップメールで教育するとか、こうすればWEBを使って集客ができるという「流れ」は学んだけれど、具体的にどういう行動をすればいいのかが明確になっていない状態のことです。

言わば、ただ流れをなぞっているだけの状態。

WEB集客における一般論とも言える流れを学んだたとしても、それが自分に合うかどうかはわからないですし、その方法で成果が出るかどうかもわからないですよね。

だから、とりあえず一通りやってみて、うまくいくことといかないこと、自分のビジネスに合うものと合わないものを知る必要があります。

で、うまくいかないことを改善して、自分のビジネスに合わないものを排除していくわけですね。

つまり、学ぶというのは自分でやってみて、試行錯誤の中で自分なりの方法を見つけていく過程のことなんです。

WEBマーケティングを勉強したけれどビジネスがうまくいかないというのは、圧倒的に試行錯誤の量が足りないし、試行錯誤の方向や方法が間違っていることが多いです。

ほら、あのお方もおっしゃっています。

[voice icon="https://web-katsuyo.info/wp-content/uploads/2016/07/drucker.jpg" name="ピーター" type="r big"]マーケティングの目的は、販売を不必要にすることだ。マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し、顧客に合った製品やサービスが自然に売れるようにすることなのだ。[/voice]

つまり、起業して「製品やサービスが自然に売れるようにする」ためには、顧客について理解するためにやるべきことがあるし、製品やサービスを顧客に合わせて作り込んでいく必要があるということです。

そのために仮説を立てて実践しまくる。そのデータを分析して改善するというサイクルをできる限り早くたくさん回すという一連の活動がマーケティングなんだと僕は理解しています。

自分のビジネスにあったサイクルの回し方を実践の中で試行錯誤しながら身につけるということがWEBマーケティングを学ぶということなんじゃないかなと。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-WEBマーケティング

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.