ブログ集客

読まれるブログを作るコツ

投稿日:2015年5月19日 更新日:

ビジネスブログに限ったことではないけれど、読まれるブログを作るにはコツがあります。

ブログを使って情報発信をしている起業家やひとり社長であれば、コンテンツマーケティングという言葉を目にしたことがありますよね。(っていうか、実践中ですよね!)

コンテンツマーケティングでは、見込み客が欲している情報を発信することで、検索エンジン経由でブログへと集客をするわけですが、書き上がった記事を読んで、こんなことを思ったりしませんか?

「この記事、なんかオレっぽくないよな・・・」

あれ?ないですか?

え、本当に?

僕はあります(笑)

実は、この「オレっぽさ」に読まれるブログづくりのヒントがあるのです。

何が違いをつくるのか

「見込み客が欲している情報」って、情報の質や濃度の違いはあっても、ほぼ間違いなくライバルのブログも同じような情報を発信しています。

検索をかけて情報を探している人に対して、他のブログと似たような情報を提供しても記憶に残らないので、再訪なんて期待できないワケです。

情報そのものにあまり差がないとしたら、ライバルのブログとの違いはどこで出すのかっていうと、それは「おもしろさ」じゃないかなと思っています。

ブックマークしたり、リーディングリストに登録したりするのって、欲しかった情報がそこにあるのはもちろんですけど、「おもしろい」から、後でもっと読みたいって感じたときだったりしませんか?

じゃあ、その「おもしろさ」はどうやって作るのかいうと、、、それは「個を出すこと」だと僕は考えています。

個を出すことで独自化できる

「おもしろい」と感じて思わず読み込んでしまうブログに共通するのは、書き手の個性が感じられるということです。

ためしに、お気に入りのブログを読んでみてください。どこが面白いのかを意識しながら読んでみると、そのことに気がつくはず。

例えば、新しいiPhoneが発売されると、入手した人たちが、競うかのように開封の儀やレビューの記事を書きますけど、同じiPhoneを扱っているのに、面白い記事と面白くない記事に分かれますよね。

同じ情報を扱っているのに、どうして記事の面白さに違いが出るのか、、、それは、情報に書き手の個性が加わり、他にはない独自の記事になっているからです。

つまり、読まれるブログを作るということは、

「情報」に「個性」を加えて独自化する

ということに他ならないのです。

独自化されていることが、数あるブログの中から選ばれ、読まれる理由になるということですね。

個を出すことで理想のお客さまと出会える

個を出すといっても構える必要なんてないし、特別なことを書く必要はありません。

主観と感情を込めて記事を書けば良いのです。
(もちろん、読者が欲している情報があることが前提ですよ!)

主観や感情を込めるというと、「読んだ人はどう思うのかな・・・」って心配になったりもしますけど、考えてみれば、主観なんだから、人から見て正しいとか正しくないとか気にしてもしょうがないんですよね。

自分がどう思っているか、どう考えているかが大事。

共感してくれる人は、再訪してまた読んでくれるだろうし、「なんか違うよな」と思う人は二度と訪問しないだろうし。

でも、、、それでいいじゃないですか?

あなたがお客さまにしたい人は、あなたの考え方に共感してくれる人ですよね。
全ての人に受け入れられようとか思わないことです。

そう思って書いた記事はエッジがなくなっちゃいます。

気をつけたいのは、「訪問者が知りたいのはあなたのことではない」という基本を忘れないことです。

個性を出そうと自分のことばかりで情報が薄っぺらくなると、役に立たないつまらないブログという負のブランディングになってしまいます。

最後に

この記事を読んで、いきなり個を出してブログを書くのは難しいかもしれません。いや、きっと難しいです。

であれば、少しずつトライするというのはどうでしょう。

専門性の高い情報を提供しつつ、最後にちょっとした感想を付け加えてみたり、まずは、そんな感じで少しずつ個性を出していけば良いと思います。

悲しいかな、個が感じられないブログは、どんなにページビューがあっても、なかなかブランディングされず、あなたのビジネスに貢献してくれません。

「オレっぽい」と思える記事が書けるようになってくると(笑)、ブログを書くのが楽しくなるし、成果につながるようになっていきますよ!

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.