コンテンツづくり

無料の画像加工ソフトPIXLR EDITORを使って画像の大きさを変える方法(リサイズ方法)

投稿日:

ブログの記事に画像を入れたいと思った時に、スマホやデジカメで撮った写真をそのまま貼ると、見た目はブログにぴったりの大きさになっているものの実際には大きな画像のままということもあります。

そこで、今回はオンラインで使える無料の画像ソフフト「PIXLR EDITOR」を使って画像の大きさを変える方法についてシェアします。

画像のサイズを変えることをリサイズと呼びます。

PIXLR EDITORのウェブサイトにアクセスする

PIXLR EDITORはオンラインで使える無料の画像加工アプリケーションです。ブラウザ上で動作するアプリケーションなので、まずは下記のサイトにアクセスをしてください。

PIXLR EDITOR

無料な分、アプリの右側に広告が出るですが、ここでは広告はカットしています。

ちなみに、モバイル版、デスクトップ版もあります。

Pixel Editor起動画面

アプリの画面を開いたところです。最初に「コンピューターから画像を開く」を選択して、リサイズしたい画像を読み込みます。

画像を開いた状態

コンピューターに保存してあった画像を読み込んだ状態です。

画像のサイズを変更する

次に、画像のサイズを変更します。

画像から画像サイズを選択

画面の上部の「画像」メニューをクリックして「画像サイズ」を選択します。

ダイアログが開く

すると、このような「画像サイズ」というポップアップが出てくるので、幅と高さを指定してOKを押してください。縦横比を固定のチェックはつけたままにしておきます。

ブログにぴったり収まるサイズはブログごとに違うので、自分のブログのサイズを事前に調べておいた方がいいですね。

このブログはストークというテーマを使っているので、幅は728に合わせてリサイズをします。

リサイズ完了

OKを押すとリサイズされました。

サイズが小さくなり、小さく表示されてしまっているので、画面の左側のメニューの右下にある「虫眼鏡」のアイコンをクリックして大きくします。

クリックごとに少しずつ大きくなるので、100%になるまでクリックします。大きくし過ぎてしまった場合は、シフトキー(Shift)を押しながらクリックすると小さくなります。

ちなみに、アイコンをダブルクリックすると一発で100%表示になります。

100%で表示

100%表示になりました。

このままでもいいのですが、さらに写真を切り抜く方法があります。

正方形の写真の上下を切り取って横長にしたいとか、上下の余分なスペースを切り取ってしまいたいという時には、「切り抜き」によって必要な部分だけを切り抜くことができます。

ここでは、すでにリサイズは済んでいるので画像の幅は変えずに上下のスペースを削って、肉の部分を切り抜いてコンパクトにしてみます。

写真を切り抜く

選択範囲を作成

写真を切り取るには、次の3つの方法があります。

  • 固定化なし
    自由なサイズで画像を切り抜くことができます。
  • アスペクト比
    設定した比率を維持して画像を切り抜くことができます。
  • Fixed size
    設定したサイズで画像を切り抜くことができます。

ここでは、アスペクト比を選択し、比率を幅3、高さ2と設定します。

選択範囲を作成

アスペクト比を選択した状態で写真の上でマウスを移動させると、破線で3:2の比率の囲みを作ることができます。

この囲みを「選択範囲」と呼びます。

選択範囲で囲まれた部分が切り抜く部分となります。

切り抜きを選択

選択範囲を表示させたまま、メニューの画像から切り抜きを選びます。

切り抜き完了

切り抜かれました。

リサイズした画像を保存する

最後にリサイズした画像を保存します。

保存する

メニューの「ファイル」から「保存」を選択します。

すると次のように「画像を保存」というポップアップが出てきます。

保存する

名前のところに「保存するファイル名」をアルファベットで入力します。必ず半角英数で入力してください。日本語や全角英数でファイル名をつけてはダメです。

フォーマットはJPEGのままで大丈夫です。

クオリティーは画像の画質です。数字が高いほど画質が高く、低いほど画質は低くなります。

画質が高いほど画像のファイルサイズが大きくなるので、読者の画面に表示されるのに必要な通信量も大きくなります。

自宅のPCで見る場合は気にならなくても、スマホで見る場合には重たく感じることが多いので、画質とのバランスを見ながら、画像のファイルサイズはできる限り小さくして保存するのが望ましいのです。

ここでは50と設定してOKをクリックします。

保存画面

Save Asは保存するファイル名です。先ほど設定したので、ここは触らなくても大丈夫です。

Tagsはここでは入力しなくても構いません。

Whereは保存場所です。Save Asの横にある下向きの矢印をクリックするとコンピューターの中から保存場所を選べるので、好きな場所(フォルダ)を選びます。

最後にSaveボタンを押せば保存されます。

これで画像のリサイズは終了です。保存した画像をブログに読み込んで使いましょう!

-コンテンツづくり

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.