起業・独立・開業 ワークスタイル

個人事業主やひとり社長はホームページ制作やブログの構築の作業をさっさと外注すべき。

投稿日:

個人事業主はホームページ制作やブログの構築の作業を外注すべき。

独立開業してまっ先に思いつくのは、WEBサイト(ホームページ)やブログを使った集客じゃないかなと思います。

自分の存在を知ってもらうための手段としては、今やWEBは不可欠です。ほんと、WEBなしでは考えられないですよね。最近では、無料のホームページ作成サービスやブログ作成サービスなどもあるので、思い立ったらすぐに始めることができます。

WordPressなんかもパソコンに苦手意識のない人であれば、誰かのブログを参考にしながら構築することも可能です。

ですが、個人事業主やひとり社長など、自分でビジネスをしている人であれば、僕はこうしたホームページ制作やブログの構築は外注すべきだと考えています。

あなたの仕事はホームページのデザインを整えることですか?

無料のサービスを利用すればホームページもブログも立ち上げることができるのに、なぜ、わざわざ外注するのか。

それは、自分の本当にやるべき仕事に専念するためです。

ホームページやブログのサービスは触りだすと、デザインを工夫したり、機能を追加したりとやりたいことがいろいろと出てきます。

わからないことが出てくると調べたりする必要もありますが、解決した時にはちょっとした達成感が得られます。なんかレベルアップした感じがしますよね。

でも、それは本当にあなたが自分でやるべきことなのでしょうか?

あなたが本当にやるべきことは、売上を上げるための活動です。ホームページやブログのデザインをいじっていても売上は上がらないばかりか、時間をロスしているのです。

「いやいや、ホームページもブログも営業ツールだから力を入れるべきでしょ」と思うかもしれませんが、だとしたら、なおさらそんな作業はプロに任せて、自分はコンテンツづくりに専念した方がいいと思います。

正直なところ、素人レベルでデザインを整えたとしても、売上にはほとんど影響力はありません。それよりも、お客さんの心を動かす文章を書く方が売上につながる可能性は高くなります。

いかにして、自分の商品やサービスの魅力を伝えるか。どうしたら、欲しいと思ってもらえるのか。こうしたことを考えてコンテンツを作ることに時間をかけないと。

「罫線が〜」とか言ってる場合じゃないです。あなたはHTMLもCSSも覚える必要なんてありません。

稼いでいる人はみんな、ホームページやブログの中身を自分で書くことはあっても、見た目に関することには絶対に手を出さないですね。

必ずどこかで頭打ちになります。

個人事業主も直接部門と間接部門を意識する

企業では、売り上げを上げるための直接部門と、それを支える間接部門に分けて考えますが、個人事業主や一人社長も直接部門的な作業と間接部門的な作業を強く意識した方がいいと思うんですよね。

僕も経理処理を自分でやっていますが、経理処理をしている時間は何も生み出さないんです。間接部門的な作業は早く終わらせたい。

だから、有料のクラウド会計のサービスを利用してできる限りの効率化を図ってますし、税理士さんとも顧問契約をして経理チェックと決算処理などはすべてアウトソーシングしています。

一方で、コンサルティングやクライアントのWEBサイトを作ったりする時間はもちろん、ブログを書いたり、WEBサイトに情報を追加する活動は、僕のビジネスの利益を生む活動なので、まさに直接部門的な作業です。

こちらには力を入れます。

間接部門的なことにかかる時間はお金をかけてでも自分から手放して、自分は売上をあげることに注力したいと思っています。

制作の外注費は投資。コンテンツに集中してリターンを得ることを考える

WEBコンサルティングや制作を生業としている僕でさえも、自社サイトや自分のブログのデザインには、あまり時間をかけたくないと思っています。同じ時間をかけるなら、絶対にデザインよりもコンテンツだと考えています。

もともとWEBが大好きで、クリエイティブや技術に関する興味は尽きないのですが、経営的な視点では、作業をすることよりも、そうした知識やノウハウをいかにしてビジネスにつなげるかを考えることの方が大事なんですよね。

「スタッフがいるのであれば任せるけれど、現実は…」と思っているのなら、それは自分がやる仕事ではないと感じている証拠です。だったら外注すべきです。

自分で作れば外注費を節約できると考えがちですが、費用を節約するために時間を費やすことで、将来のお客さんを獲得するための活動にあてる時間を失っているわけです。

外注費がかかったとしても、その分売上が上がれば、それは投資と考えることができます。

信じられないかもしれませんが、自社サイトの制作を外注する制作会社もあります。自社の制作リソースはクライアントのために使って売上を上げたいと考えているからです。

もし、あなたがこれからビジネスの中でWEBを活用したい、ホームページやブログを構築したい、WEB活用のパートナーが欲しいとお考えでしたら、ぜひご相談ください。

最近はJimdoからWordPressへの乗り換えのご相談やご依頼を頂くことが増えています。ちょっとしたブームです。Jimdoを自分でいじってイライラするよりも、WordPressに乗り換えてサクサクと記事を書いて集客を強化したいという方が多いですね。

WEB制作やブログの立ち上げ、WEBサイトの運用業務のアウトソーシングにご興味のある方は、下記のページもご覧ください。

WEBサイト・ホームページ・ブログ制作について

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-起業・独立・開業, ワークスタイル

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.