ブログ集客

ファンが集まるブログをつくろう

投稿日:2015年9月4日 更新日:

まだまだ暑いけれど、夏も終わりという感じになってきましたね。夏好きな僕としては、ちょっぴり寂しさを感じます。

夏の終わりといえば、僕は大学生の頃にラクロスというスポーツをやっていたのですが、夏の合宿を終えると8月末くらいから秋のリーグ戦に突入します。シーズンに入ると、春からやってきたことを実践しながら、試合の中で見つかったズレを練習で一つ一つ修正しながら戦い続けるという感じです。

一旦シーズンに入ってしまえば、自分たちが信じてやってきたことを愚直に「やるしかない」っていう心境ですね。もう20年も前のことになりますけど(笑)。

緊急ではないけれど重要である

セミナーや勉強会などでお会いするコンサルタントや士業の方の中には、WEBサイトをもっていなかったり、ブログをやっていない人が結構いるのですが、そういった人の多くは、集客に不安を抱えていたり、自分自信や自分の商品の価値をどうしたら伝えることができるのか、みたいなことにぼんやりと悩んでいることが多いです。

この「ぼんやりと」というのがポイントなのです。実は。

というのは、悩んでいる人たちに共通しているのが、ネットを活用しなきゃいけないのはわかっているけれど、どうしていいかわからないし、今はなんとなく紹介でつなげていることもあって、ネットへの取り組みを後回しにしてしまいがちなんですよね。

これって、まさに「時間管理のマトリックス」の「第二領域」ですね。集客や価値の伝達において、ネットの活用は緊急ではないけれど重要だとわかってる人がほとんどなのです。

時間管理のマトリックス

集客や価値の伝達、情報発信の方法はネット以外にもDMやチラシなどいろいろとあるので、自分にあった方法を選べばいいと思うのですが、もし、自分の見込み顧客が情報収集にネットを使っているのであれば、その人に情報を届けるのにネットを活用しない手はないと思うんですよね。

もし、ネットの活用の重要性を感じていて、ブログやソーシャルメディアをやらなきゃなぁと考えているなら、第二領域にあるタイミング、つまり、緊急ではないうちに取り組んだ方がいいじゃないかなと思っています。

ブログやソーシャルメディアは即効性を期待しにくいので、第一領域、緊急かつ重要なタイミングでは、効果的な打ち手にならないからです。

ファンが集まるブログをつくろう

ブログは即効性が期待できないと言いましたが、それは短期間では検索エンジンからの自然流入(広告ではない検索結果からの流入のこと)が期待しにくいということです。

Facebookやtwitterなどを使ってブログを広めることもできますけど、急激に何かをやってもすぐに成果が得られることは少ないですよね。

ブログは売り込みのメディアではありません。時間をかけて読者との関係性を築くのに適したメディアです。自分の専門性のこと、自分自身のことを発信しながら、あなただけの世界観を伝えていくのです。

当面のゴールは、あなたの世界観に触れて、あなたのことを好きになってくれる人、つまりあなたのファンが集まる自分メディアをつくることです。

ファンといっても大げさに考えることはありません。あなたのことを「なんとなく好き」とか「いいな」とおもってくれる人のことです。あなたが繰り返し訪れるブログがあるとしたら、あなたはそのブログや書き手のファンだということです。

下記の記事を合わせて読んでもらえるとイメージがしやすいかもしれません。

あなたが選ばれる本当の理由
関係性は世界観でつくられる
あなたのことはどこで知ることができますか?

あなたのファンになってくれた人は、あなたのことを理解してくれている、あなたの思い描く理想のお客様に近い存在です。

ファンという言葉を使ってみて、いいなと僕が思うのは、「お客様の喜ぶことをしよう」っていうとイメージが湧きにくいことも「ファンが喜ぶことをしよう」と考えるとイメージが湧きやすいということです。

お客様よりもファンの方が距離が近い気がするからかな。

もし、WEB活用のことが気にかかっていても手がついていないのであれば、この秋から取り組むことをおすすめします。今始めれば、来年になって必ず効いてきますよ。

なんたって重要なんだからやるしかないかなーと思います!

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.