世界観

ブログで自分らしさを出すと、それは選ばれる理由になる

投稿日:2015年4月21日 更新日:

自分らしさを出す

ウェブ活用プロデューサーの橋本です。

「モノを売るのではなくコトを売る」ということを意識するようになると、新規のお付合いというのは、単純に商品やサービスの良さだけではなく、お客さんとの関係性によって生まれるということに気がつきます。

ブログに何を書けば集客ができるのか

もともと検索エンジン対策の実験的な意味合いも含めてこのブログを始めたのが2015年の2月です。沖縄でのセミナーに参加した後に、メディアとして一応再検証しておこうとアメブロでもちゃんと書き始めたのが3月。

どんなことを書くと読者が集まり反応が得られるのかを自分自身の記事で確かめるために、記事のテーマや内容については、WordPressとアメブロの2つのブログで意図的に使い分けて反応を見ながら書いてきました。

書き分けとしては、ざっくりとこんな感じです。

  • ガチノウハウ系
  • ややノウハウ系
  • ノウハウ系+マインド系
  • ややマインド系

ガチノウハウ系

このブログはガチノウハウを中心に書いてきます。検索エンジンからの流入を期待してターゲットに合わせた専門性の高めの情報を中心に書いています。

僕自身のパーソナルな部分はあまりほぼ出していないし、内容的に、、、むしろ出しにくいかも。

ちなみに、アメブロでガチノウハウを書いても反応は芳しくないです(涙)。

[aside type="normal"]【後日追加】実験的な意味合いで始めましたが、次第にガチノウハウではない情報発信のメディアへと変化しています。[/aside]

ややノウハウ系

このタイプの記事はWordPressのとアメブロの2つのブログで書いています。

このブログでは、検索エンジンからの流入という点でまだまだツメが甘く、「やや」レベルではライバルに勝てないことがわかりました。

一方アメブロでは、ITリテラシーの高い読者や同業からは反応がとれます。

ノウハウ系+マインド系

このブログ、アメブロともにそれなりに反応が期待できます。

テーマ選びを間違わず、数を揃えれば、この組み合わせが最強だなと思います。

狙って書くのもイヤらしいのですが、自分の持っているノウハウに熱がこもるとこの手の記事になりやすいんですよね。

ただ、専門性という点では、やや弱くなるというか、焦点が少しボケるのが悩ましいところ。

いいこと言ってるんだけど、専門性あっての話なのか、情熱で押している話なのか、読者によって受け取り方に大きく差がある気がします。

[aside type="normal"]【後日追加】実際に会った方々から話を聞くと、専門性は高いのにノウハウばかりではないというところに興味をもってもらえることがわかりました。そうした情報を発信している「人」にも興味がわくとのこと。[/aside]

ややマインド系

これも反応がとれます。書き手のパーソナルな部分や世界観が垣間見えるメッセージ性が強い記事です。

「私の起業ストーリー」みたいな、苦労しながら頑張ってきたストーリーなんかは読者の共感を集めやすいですよね。

読み物としては面白くできるし、人となりは表現しやすいですが、専門性のあるお役立ち情報はほとんどないパターンです。

専門性と自分らしさがあるブログに人は集まる

こうして記事の書き方から傾向を見出すと、

ノウハウ系+マインド系

を軸にして、専門性と自分らしさを組み合わせるとうまくいくことがわかりました。

ノウハウ系だから検索キーワードも入ってるし、人の感情を動かすような熱があれば、当然といえば当然ですね。

となれば、あとは、

  • 記事そのもののバランス
  • 複数の記事の組み合わせのバランス

を繰り返し試しながら書くだけです。

数値化できるものでもないので、何をどれくらいとは一言では言えないのですが、文章を書く際の視点の持ち方にはコツがあります。

肌感覚でわかるまでは、数稽古をこなすのが一番の近道だと思っています。

[aside type="normal"]【後日追加】現在は、経験的に専門性に関する記事を8世界観に関する記事を2という割合がいいのではないかと考えています。[/aside]

自分らしさを出すことで独自化される

ノウハウ系+マインド系

の記事を書くとなると、知識や経験だけじゃなく、そこに自分自身というエッセンスを加えることになります。

なんかもう、自分自身の総力戦か!みたいな感じもしますね。

で、ここで、自分が見た自分自身や他人の目に映る自分自身って、実はものすごく大事なんじゃないかって気づくワケです。

商品やサービスを探し、選ぶ過程で、ブログやソーシャルメディアによってパーソナルな部分が見えるようになり、「この人の話を聞きたい」「この人と会ってみたい」と思うことがものすごく増えました。

さらには「この人から買いたい」「この人にお願いしたい」とまで思うようになりました。

ここで気がつくのは、こうした心理状態になる時には、他の人と比べたり、他の商品やサービスを比べているわけではないということです。

つまり、ライバルとの差別化によるものではなく、自分らしさによって独自化された状態だということです。

これって、僕らの購買の行動の中では、今まであまりなかった感覚ですよね。

自分らしさを出すと書き手も楽しいし、読み手も、その商品の背景だったり、人柄を知ることができて、信頼や安心、共感や理解が深まります。

これが何を意味するかというと、あなたを選ぶ理由ができるということなのです。

自分らしさをより意識することで、必然的に独自化していけることにもなります。

もし、ブログがうまく活用できていないと感じているのであれば、「自分らしさが出せているかな」そんな視点で自分のブログのあり方を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

きっとヒントがそこにあると思いますよ。

-世界観

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.