起業家のためのWEBマーケティング講座

WEB業界20年のプロデューサーが教える起業家のためのWEBマーケティング活用法

商品づくり

商品をつくってみよう。告知しよう。

投稿日:

ブランパン

起業してブログを書き始める前にやらないといけないこと。それは商品をつくることです。どんなにブログを書いても、商品がなければ売上は上がらないですからね。

実は、ブログに何を書けばいいかがわからないという人の多くは、商品がないとか、商品がちゃんとできていない状態だったりすることが多いです。

商品を買ってもらうために何を伝えればいいのかを考えて書くわけなので、商品がなければ何を書いていいかわからないのは当然といえば当然のことなんです。

ブログを書けば集客ができるとか、ランディングページがあれば申し込みが入ると思い込んでしまっていると、とにかくブログを書かなきゃ、ブログを書けば何とかなるみたいな心理状態になって順番がおかしくなっちゃうんですね。

ですが、商品がまだしっかり固まっていない人は、ブログを書く前に商品をつくるとか見直すことから始める必要があります。

商品のつくり方

ビジネスとは困っていることを解決してあげたり、願望を叶えてあげることで、その対価としてお金をもらうことです。

だから、あなたが最初にやるべきことは、あなたがお客さんにしたい人がどんなことに困っているのか、あるいはどんな願望を持っているのかを調べたり、考えたり、想像したりして見つけることなのです。

お客さんのお困りごとや願望を探す時にはコツがあるのですが、それは、ターゲットとなる人を絞り込んで考えることです。

ブランパン

例えば、ダイエットであれば、「やせたいと思っている人」が持っている悩みやお困りごとを考えるよりも「やせたいと思って糖質制限をしている人」と絞り込んだ方がより具体的に考えることができます。

すると、「糖質制限をしている人」が困っていることってなんだろう、どうすればそのお困りごとは解消できるんだろうという具合に、解決策もより具体的に考えることができますよね。

こうして、お困りごとを見つけて、その解決方法を提供できるなら、それが商品になるということなのです。

糖質制限の例で言えば、

  1. 糖質制限をしていると食事が味気ないという悩みがある(悩み)
  2. その原因は主食となる炭水化物がとれないことにある(悩みの原因)
  3. 糖質が気になる人でも炭水化物を食べられれば食事が楽しくなる(解決方法の仮説)
  4. 糖質を抑えたパンを作れないか?(具体的な解決策)

みたいなステップで考えるわけですね。

ターゲットを絞っていけば、どんなことに悩んでいるかが具体的になるので、商品やサービスがぐっと考えやすくなります。

商品をつくったら告知してみよう

こうして商品ができたら、次は告知をするためのページを作ります。ブログの記事を書く前に告知するページを作ります。

告知ページを作るという作業は、商品づくりで考えたことを一つずつ明確にして売れるカタチにしていくという作業です。

頭の中で考えて箇条書きや単語レベルではつながることも、いざ説明しようとなると言葉にならなかったり、書いているうちに自分でもまだよくわかってないところがあったりするので、それらを言語化していくわけです。

  • お客さんが困っていることは何か
  • その原因は何か
  • その解決方法は何か
  • なぜあなたが解決できるのか
  • その根拠や証拠は何か

を一つ一つ言葉にしてページをつくります。

告知ページを作ってみると商品のあいまいなところや検討が浅いところ、話が飛躍してしまうところなどが見えてくるので、お客さんをイメージしながら修正をしていきます。

ここで行うのは、ページの修正作業というよりも、商品のブラッシュアップです。

で、ある程度のレベルに達したら実際にブログに記事を書いたり、SNSを使って人に見てもらうわけです。お客さんのお困りごとや悩みをきちんと捉えていれば検索エンジンからのアクセスも上がってきます。

告知して、今度はその反応を見ながらブラッシュアップをしていく、あとはその繰り返しです。

まとめ

商品のつくり方や告知ページの作り方の流れはイメージできましたか?

  • ブログを書く前に商品をしっかりつくる
  • ターゲットを絞りこんで悩みを見つける
  • 悩みを解決する方法を商品として作りこむ
  • 商品ができたら告知ページをつくって告知をする
  • 反応を見ながらブラッシュアップし続ける

うまくいかない時には、課題がありそうなステップに戻ってやり直せば大丈夫です。

商品がしっかり出来上がって、その商品をもとにした情報を発信するブログを構築すれば、自然に理想のお客さんが集まってくるようになります。

お客さんは悩みの解決方法を探しています。あなたがその悩みを解決することができることを知ってもらえれば、商品も売れるということですね。

と、あれこれ考えるのはとても大切なのですが、一番重要なのは告知ページを一刻も早くWEBというマーケットに晒すことです。

出してみなければ反応もわからないし、そもそも売れるチャンスはゼロです。商品づくりと告知ページ作りを一つの流れとして考えて、さっさと公開してしまいましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-商品づくり

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.