ブログ集客

ブログを書く時にはスマホで見たときの改行位置にも気を配ろう

投稿日:

スマートフォンの改行

最近、文章の途中の読点などで改行をしているブログをよく見かけるのですが、あれって読みにくくないですか?

たぶん、PCでブログを書いて自分の言葉のリズムで改行をしていると思うのですが、それをスマホで見るとめちゃくちゃ読みにくかったりします。

心当たりのある人は、自分のブログをスマホで見てみてください。

WordPressをスマホ対応(レスポンシブなど)にしているのに、それを活かさないコンテンツの作り方をしてしまっているということですね。これは非常にもったいないことです。

ブログはちょっとした書き方を意識するだけで読みやすくなる

改行問題はブログだけではなく、メールも同様です。スマホで見た時には改行の位置は人によって違います。

一応、改行するならこれくらいの文字数にしておけば、だいたいの機種で大丈夫という目安はあります。

でも、言葉の切れ目もあるので、いつもその文字数の範囲で改行できるとは限らないですよね。

ぼくも以前はうまく改行できなくて言葉の使い方を変えるなんてこともしていたので、文字数を気にするとストレスもたまるし時間もかかっていました。

実は、文字数を気にしなくても「見やすく」「読みやすい」文章を書く方法があります。

それは、一文をシンプルに短くすることを心がけて書くことです。

読点を交えたり、接続詞を使った長い文章を見かけますが、最後まで読まないと意味がつかめないものは読まれにくくなります。

短い文章であれば、スマホで見た時にも視覚的にカタマリとして理解しやすく、内容も頭に入ってきやすくなりますよね。

シンプルな文章を心がけるだけで、ずいぶんと読みやすくなります。

漢字をひらがなやカタカナにしてみる

また、これはスマホに限った話ではないのですが、ブログやメルマガでは、漢字をひらがなやカタカナに変えると読みやすくなるものもあります。

さっき書いた「ずいぶんと読みやすくなります」も「随分と読みやすくなります」とすると、読みやすさも印象も変わってきます。

こんな感じで、その言葉がもつ意味合いを変えない程度にひらがなやカタカナを使うというのも一つのテクニックです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.