ブログ集客

ブログを始めたばかりでも集客できる記事を書ける人の共通点とは?

投稿日:

集客できる記事を書ける人の共通点

ブログを始めたばかりの頃であれば、いろいろと試行錯誤を繰り返し、悪戦苦闘しながら書いている…という人も多いと思います。ぼくのクライアントさんも、とりあえずは書いてみるという感じでスタートしてもらっています。

誰でも最初は初心者だし、新しく始めたことをいきなりうまくできる人はなかなかいないのですが、始めたばかりでも、まぁまぁ人を集める記事を書ける方もいるんですよね。

最初はぼくが話すことに対しての理解が早いのかなとか、勘がいいのかなと思っていたのですが、話をする中で、そういう方たちには「ある共通点」があることに気がついたんですよね。

その共通点とは、いろんなブログを読んでいること。そして、興味関心の対象範囲が広くいろんなメディアに目を通していることです。

逆になかなか上達しない人の特徴というのは、残念ながらこの真逆にあります。

ブログをたくさん読んでいる人は、面白いブログとは何かを経験として知っている

ブログを書く時には、キーワードの選び方や使い方、文章の書き方、更新の仕方などいくつかの作法があります。これはあくまでも作法なので、誰に取っても同じだし、覚えてしまえば終わりです。

では、なぜ同じ作法で記事を書いても違いが出るのかってことですよね。人によって選ぶキーワードは違うし、文章を書く力もまた違うんですけど、一番の違いは「経験として知っているかどうか」なんだと思っています。

コピーライティングなんかを勉強すると「見出しは下にある文章を読ませるためにある」とか出てくるんですけど、そこで「う〜ん」と考えてしまうのか、勢いで書けてしまうかのは、技術とかセンスというよりも経験の違いなんじゃないかなと思います。

つまり、見出しに何を書けば良いかを知っているかどうかということです。

頭で理解するのではなく、経験として知っている。感覚として理解している。

経験といっても書いたことがあるかどうかじゃなくて、今までにどれだけ面白いブログを読んできたかという経験です。自分で書いたことがなくても「人の興味を満たす面白さ」とはこういうことなのかなというのを経験として知っているんですよね。

だから、こういう人は書き出すと早いんです。

「記事タイトルに数字を入れるといいよ」と言われてパッと頭に思い浮かぶ人と、そうでない人。中見出しや小見出しをつくるのは検索エンジン対策のキーワードを入れるためだと教わって考え込んでしまう人と、自分の書く文章をわかりやすくするために直感的にキーワードを入れて見出しを作れる人。

これは理解力の違いでも文章力の違いでもないんですよね。

違いを生むのは経験則。

この違いは何かというと経験の違いなんです。「なんとなく」とか「こんな感じ」っていうのは、これまでに読んできたブログで自然に学んできたことです。

どんな風に中見出しや小見出しをつくればリズムがよくなるかとか、同じ言葉でも、漢字で書いた方がいいのか、ひらがなで書いた方がいいのか、なんていうのも経験則として知っているんですよね。

ただ、自覚していないと自分で意図的に使えたり使えなかったりすることもあるので、それらを言語化して作法として学ぶと、頭でも理解して知識として定着するわけです。

うちの息子や娘がマンガを描くのを見ていてもそう感じます。彼らはマンガの描き方を習ったことなんてないけれど、コマ割とか吹き出しのつけ方とか経験として知っているわけですよね。で、「驚きのシーンでは吹き出しの形はこうだ」とか「落ち込んだ時にはタテ線を入れる」みたいなことを思い出しながら描いているんですね。

マンガを読まなければ、こうした発想は出てこないわけです。

うまくなりたければ、うまい人を手本にするのが近道

もう、これはブログに限った話ではないですけど、うまくなりたければ、うまい人を手本にしてマネしてみるというのが一番の近道です。

だから、とにかく人の書いたブログを読むことです。

そして、自分の興味のあることを検索してブログを探してみてください。検索することで検索のセンスも磨かれるし、自分が記事を書く時に人がどんな気持ちでどんなキーワードを使って検索するかも感覚的にわかるようになります。

上達しない人というのは、自分の殻にこもって自分のことばかりを書く傾向があります。その状態を打開するためには、自分が書きたいことを他人がどう書いているかを知ることが必要です。

もし検索をしてみて自分の書きたいことを書いてみるブログが見つからなければ、ニッチすぎてマーケットが存在しないか、検索のセンスがないかのどちらかです。

まずは人の書いたブログをたくさん読んでみることです。そして人気があるブログだったら、どうして人気があるのか、どういう特徴があるのかを考えてみてください。

そういう目で見ると、人気ブログや検索で上位に出てくるブログがどういう記事タイトルをつけていて、どういう記事の書き方をしているのかが浮き上がって見えてくるようになりますから。

メディアの使い方や作り方も考え方は同じ

ブログ以外のメディアの使い方なんかも考え方は同じです。

コミュニティを作りたければ、誰かのコミュニティに入ってみることです。有料コンテンツを作りたければ有料コンテンツを買ってみる。セミナーを開きたければ、セミナーに行く。勉強会を開催したければ勉強会に行く。

こうした経験を積み重ねることなしに知識を学んだとしても、実際に運用することができなかったりするんですよね。

「twitterってもうオワコンなんでしょ」っていう前に、まずは自分で使い倒してみることです。オワコンかどうかを確かめてみること。

そういう人に限って「Facebookの次は何がくるんですか?」とか聞いてきたりするんですけど、次に何か出てきたらすぐにやってみろってことです。

あとはもう継続あるのみ。エンドレスループです。

結局のところ、自分よりも先に行く人をお手本にしながら、試行錯誤していくしか上達の道はないんです。いいところはどんどん取り入れながら、その中に自分のオリジナリティを入れていく。

だから、上達したければとりあえずはたくさんブログを読んでみることです。RSSを登録すればブログの更新情報を受け取れます。RSSがわからなければ検索して調べてみてください。

あとはもう、これをいかに続けられるかです。継続と改善のエンドレスループ。

これを楽しめる人のブログは面白いブログになっていくわけですね。

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.