起業・独立・開業

起業して稼ぐためには稼ぐという意識を持つこと

投稿日:2016年3月25日 更新日:

稼ぐ意識

こんにちは。

WEB活用売上アップサポーターの橋本です。

起業して自分のやりたいことをビジネスにしているけれど、なかなか稼げないというケースを目にします。

ビジネスモデルとか商品とかメディアの使い方とか、原因はいろいろとあると思うんですけど、もう一つ、大きな原因の一つに「稼ぐ」というマインドの問題があります。

「稼ぐ」ために何をすべきかという逆算の発想になっていないということです。

稼ぐのは続けるため

稼ぐということにネガティブな印象を持つ人もいるようですが、稼がなければビジネスは継続できないし、生活も続かないですよね。

稼ぐって、高額なものを売りつけるとか、そういうことではないんですけど、お金が絡むと罪悪感を感じてしまう人もいるようです。わからなくはないですけれど、そんな場合はちょっと考え方を変える必要があります。

稼ぐということを考えるというのは、ビジネスを続け、生活をしていくために、最低限どれくらいのお金が必要で、それを得るためにどんな商品やサービスを提供すれば対価を得られるかと考えるだけのことです。

お金に対する価値観は人それぞれだけど、ビジネスとは商品やサービスを提供する代わりに対価を受け取ることだから、その意識が薄いとどうしたって稼げないわけです。

どうしたら稼げるかって考えることは、どうしたら買ってもらえるか、何だったら買ってもらえるかって考えることです。

八百屋さんだって魚屋さんだって、家庭に新鮮な食材を提供したいという思いがある一方で、八百屋や魚屋を続けていくため、自分たちが生活をしていくために野菜や魚を売っているわけですよね。

ビジネスを続け、生活をしていくために、突き詰めながら繰り返すだけのことです。

まずは、そこをしっかりと意識することが必要です。やりたいことや得意なことをベースにスタートすると、この視点が抜け落ちてしまったり、弱かったりすることが多いです。

仕組みは誰でもつくれるけれど

商品やサービスが変わっても同じです。

あとは、どういうメディアを使って、どういう表現をすれば、相手に伝わるのかという手段の一つがWEBを活用した集客です。

ただ、ベースに「稼ぐ」というマインドがあって、そこを出発点にしていないと、どんなにブログを書いてもメルガマを書いてもうまくいかないのです。

WEBを使ったビジネスの仕組みは誰でもつくることができます。当然つくるだけじゃダメだし、仕組みとして機能させるためのノウハウとかテクニックはやっぱり存在します。でも、それは学ぶこともできるし、サポートを受けてつくることもできますよね。

でも、仕組みってそれだけではできあがらなくて、自分のやりたいこと、好きなことをビジネスにして「食っていくぞ」という強い気持ちを持っていることが、実は大事なことだったりするんですね。

これが揃って初めて必要十分条件が満たされるのです。

精神論かよ、って思うかもしれないけれど、そりゃそうです。そこが弱ければゴールにはたどり着けないですからね、大事ですよ。

起業して稼ぐためには、稼ぐという意識を持つことが必要なのです。

-起業・独立・開業

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.