ブログ集客

ブログ集客をプロジェクトとして捉えると集客できない原因が見えてくる

投稿日:

ブログ集客はプロジェクト

同じようにブログを書いても、集客ができてウェブからの問い合わせや申し込みが入る人と入らない人がいます。

「がんばっているのにうまくいかない…」

うまくいかない時に何が一番苦しいかというと、なぜうまくいかないのか、その原因がわからないことじゃないかなと思うんですよね。

うまくいかない状況を「がんばっているのにうまくいかない」とか「がんばりが足りない」とか、もっともらしいけど実はよくわからない「がんばり」で捉えてしまうと、原因をつきとめることも解決するのも難しくなってしまいます。

ウェブの集客がうまくいかないのには原因があります。そして、その原因を突き止めれば必ず改善することができます。

ビジネスでブログを書くのであれば、「がんばり」のような曖昧な基準で考えるのをやめて「集客のためのプロジェクト」と捉えて取り組むべきです。

ブログ集客をプロジェクトとして捉えるとわかること

ブログで集客をしようと思うなら、ブログを「毎日書く日記のビジネス版」みたいな感覚で書いている限りは、間違いなくうまくいかないでしょう。

目的を明確にして、ゴールにたどり着くために何をしなきゃいけないかを考えて取り組む必要があります。つまり、集客のプロジェクトとして捉える必要があるということです。

だから、プロジェクトとしてコントロールをしていかないと、いつまでたってもゴールにたどり着くはずがないんです。

ブログの集客がうまくいかない人は、ブログを書くことを仕事の一つとしてちゃんと捉えていないことが多いですね。なんていうか、片手間でやる「おまけ」みたいに思っている人が多いかなぁと。

正直ね、それじゃうまくいくはずないよなぁって思うわけです。実際うまくいかないし。

自分は本気で取り組んでいる、と思う人もいるかもしれないけれど、プロジェクトとして認識してなければ、「本気で取り組んでいる」と自分で思っているだけです。厳しいこと言いますけど。

で、その手のパターンにはまると、

  • やるべきことを網羅できていない
  • やるべきことの納期の管理が甘い
  • ちゃんとやれたかどうか確かめていない

なんてことが起きているわけですね。

もう少し詳しく書くとこういうことです。

やるべきことを網羅して把握できていないので、何かが足りず完成しない。また、そもそも足りないことにすら気づかない。

納期の管理…というか自分に甘いので、今日中にやらないといけないことを簡単に明日に先延ばしにしてしまったり、終わらないと判断した時にもリカバリーのプランをとらないのでなし崩しになっていつまでも終わらない。

ちゃんとやれたかどうかを確かめていないので、小さな穴が後々取り返しのつかない大きな穴となってしまう。

実は、どれも属人的な問題ですが、結局、失敗する時はプロジェクトの大小に関係なく、自ら失敗する道を一歩ずつ「着実に」歩んでいるんですよね。

プロジェクトとして管理しないことで起きる過ち

大きなプロジェクトでは、役割を明確にして相互監視させることで属人的な問題を排除しようと試みますが、僕らのような小さなビジネスでは、なかなかそうもいきません。

一人でやっているとしたら全部自分でやるしかないわけです。

が、これがなかなかどうして厳しいんですよね。日々のこと過ぎてわかんないんですよ。

だから、ブログを日記の延長線上みたいな感覚で捉えている限りはうまくいかないんです。

ブログを書くことをタスクとして管理する

例えばですけど、毎日ブログを書くというタスクがあった時、「ああ、今日は書けなかった」で終わってしまえば、それは「集客プロジェクトの失敗」へ一歩近づいたということです。

「書けなかった」という事実に対して、「寝る時間を削ってでも書く」というのが基本的な考え方ですが、だいたいの人は「まっ、いっか…」で寝てしまいます。

誰も何も言ってくれないですからね。

そして、だいたいの人は翌日も同じように「今日も書けなかった。でも、まっ…(以下略)」となるのです。

実際、ブログなんて書かなくても今日も明日も困らないんですよ。

でも、そうして数ヶ月が過ぎた頃に、相変わらずウェブからの問い合わせがなく、集客で追い込まれた状態になっていることを痛感するんです。

…マジでやばい。

大きなプロジェクトでも、実はこれと同じことが起きるんです。タスクが遅れ始めた時に、遅れのボリュームと理由を明確にして対応策を取らないと取り返しのつかない大きな遅延につながります。

だから、プロジェクト管理の現場では、一つ一つのタスクに対してものすごく厳しく進捗管理をします。「人」に対して厳しくではなく「タスク」に対して厳しくです。

遅れたものに対しては、作業(勤務)時間を増やす、あるいは人を増やすなど「稼働を増やして対応」するなどして、遅れを最小限にしながらリカバリーを図るわけです。

もし、ブログを書くということをビジネスとして捉えているならば、同じように考える必要があるということです。

「がんばり」は必要条件ではあるけれど、十分条件ではない

別に毎日ブログを書けという話ではなく、集客という目的と到達すべきゴールに向けての進捗をちゃんと管理する必要があるということですよ。

大切なのは、ゴールに向けて行動をするということですね。冒頭で書いた「がんばっているのにうまくいかない」というのはゴールに向けて正しい行動をとっていない可能性があります。

「がんばり」は必要条件ではあるけれど、十分条件ではないということ。

ゴールにたどり着くために必要な行動を「がんばる」というのがあるべき姿です。

ちなみに、「今日は書けなかった」に対して、「明日2つ書く」というのはいい対応ではありません。明日2つ書けるという保証はないからです。明日書けなかったらその次は3つ、ダメならさらに4つとなってプロジェクトは必ず破綻します。

強いて言えば、「明日二人で2つ記事を書く」が正しいのですが、ブログの場合は現実的な考えではないですよね。なので、どこでどう軌道修正するかというのがキモになります。

と、こんな具合に、ブログの記事を書くだけでも、プロジェクト管理の視点ではこんな風に考えることができるわけです。

ビジネスはモチベーションやメンタルの問題で捉えない。
成果を出すために何をどうがんばるかを考える。

ブログが書けないことをモチベーションの問題と捉える人もいますが、僕はモチベーションというよりも、むしろプロジェクトの管理の問題だと捉えています。

もし、ブログを書くのがイヤとか、自分には向いてないなぁと感じるならば別の方法を使って集客をすることを考えればいいだけです。

ブログを書くことを仕事の一つとして捉えたら、「食べていく」ためにやるべきことがモチベーションに左右されていいのか、それを許していいのかってことです。それを許してしまうとしたら、それはそこまでの情熱しかないということじゃないかなと思っています。

自分のビジネス、自分のプロジェクトのあるべき姿を描けていないから、どうしてもその日その日の対応になってしまいます。

目的を達成するために、今日達成すべきこと、今週中に達成すべきこと、今月中に達成すべきこと…という感じでマイルストーンを決めて、今日やるべきこと、明日やるべきことを一つ一つやっていくわけです。

これが僕がよく言うコツコツの正体です。

な〜んて書くと、「面倒くさい」とか「ブログごときでそこまで…」と思う人もいるかもしれませんが、うまくいっている人というのは、ブログに限らず自分のプロジェクトをコントロールできているんですよね。

その一つがたまたまブログなだけです。

だからこそブログを書くことが楽しむことが絶対に必要!

ブログを仕事に活用しようと思うと、趣味でブログを書くのとはやっぱり違います。これは受け入れざるを得ない。情報を発信する以上は、いろんな意味で制約も出てくるしね。

だったら、それを「いかに楽しむか」って方向にシフトして考えた方がいいですよね。

ブログを書くことを楽しめるようになれば、その楽しさはブログの記事にも滲み出てきます。そして、楽しいブログには人が集まるようになります。つまり、成果につながるってことです。

プロジェクト管理の楽しさって、ゴールに向かう道のりを楽しむことにあると思うんですよね。正直、途中しんどいこともあるけれど、そこを超えた人だけが「こういうことだったのかぁ」と感じる瞬間を味わえるんですよね。

楽しんだもの勝ちですよ!

 

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.