コンテンツづくり

読まれるブログとは読んじゃうブログ。読ませようと思うべからず。

投稿日:

大いに楽しめ!

どうしたら読んでもらえるブログが作れるのか。この答えの一つに検索エンジン対策がありますが、ここに囚われてしまうと逆に読んでもらえるブログなんて作れないんですよね。

読まれるブログというのは、結局のところ、読んじゃうブログのことなのです。

読者に記事を読んでもらう、読み進めてもらうのは、キーワードじゃないんです。キーワードはあくまできっかけに過ぎません。大切なのは、直感的に、本能的に「面白そう」「読みたい」と思ってもらえるかってこと。

ビジネスブログでブログを始めた人には、この発想というか考え方が欠けているケースが多いんですよね。

ここ何回か同じことを言い続けていますが、「アクセス数の割に読まれてる感がない」という人は、ビジネスの視点を離れて自分が興味のあること、好きなことを書いているブログを読みまくることです。

読者にならなきゃ読者の気持ちなんてわかるわけないですから。

思わず読んじゃうブログとはどんなブログなのかを考えてみる

いろんなブログを読んでみると、思わず読んじゃうブログというのが見つかります。この人が新しい記事を書いたらまた読みたいなと思っちゃうブログ。もし、そういうブログが見つからないとしたら探し方が甘いか、自分が本当に興味のあることがわかってないんじゃないかなと思います。

で、そういうブログが見つかったら、なぜ読みたいと思うのかを考えてみて欲しいんですよね。直感とか本能で面白いとか読みたいと感じたこと、その理由を言葉にして書き出してみます。

ぼくの場合は、ガジェット系、Mac系、カメラ系、写真系、ライフハック系、マーケティング系、クリエーター系、デニム系のブログが好きです。好きです、というかRSSリーダーを見てみたら、そういうブログのカテゴライズができていました(笑)。

実は「2軍」というカテゴリもあります。「いつも読みたい」まではいかないけれど、たまに読みたいブログ。たまったら興味のある記事だけを拾い読みして、あとは既読にしちゃいます。

読んじゃうブログは単純なノウハウや情報ブログではない

これらのブログをなぜ読み続けるのか、読んじゃうのかって考えてみると結構いろいろ出てくるんですよね。ぼくの場合は、好奇心を満たしてくれるとか、同じ情報なんだけどそこにパーソナリティが垣間見えるというのがベースにあります。中には憧れとか羨ましいなんて感情もあることがわかります。

例えば、ガジェット系であれば、そのガジェットがなんであるかも大事ですけど、それ以上にどんな使い方をしてどんな風に役立てているかに興味があるし、人によってそれはさまざまなんです。だから面白い。

カメラ系のブログだって、スペックはメーカーのサイトを見ればわかります。そうじゃなくて、実際に撮影してみてどうだったかが知りたいんですよね。写りとか操作性もそうだし、カバンの収まりとか、所有する喜びとか。高いカメラとレンズをバンバン買って羨ましいとか。

この人いつも美味しそうなもの食べてるなぁ。今度は何食べたんだよ?とか、同じ本を読んでも感想って違うもんだねぇ…とか、いつも人柱になってくれてありがとう(買わなくてよかった…)とか。

あげだしたらきりがないですけど、読んじゃうとか人を惹きつけるというのは、そういうことですよね。

ノウハウだけのブログは集客できてもファンはできない

専門性を伝えるためには、ノウハウやテクニックについての記事を書くことは必要ですし、それらの記事を書くことで検索されるキーワードも取り込みやすくなります。

でも、ノウハウなんてあちこちにあるし、調べるならより詳しい情報があるブログやサイトを見ますよね。例えば、ぼくだったら、WordPressについて調べることがありますが、困った時の解決方法を手に入れて解決したら、そのブログをまた見に行くということは基本的にはないんですよね。

目的を達成してしまったら、また読む必要がないからです。

読まれないブログ、読まれている感じがしないというブログを作っている人は、こういう状態にあることがほとんどです。もしくは、調べられもしないとか…。

要は、ノウハウを書いてキーワードでアクセスを集めてライティングのテクニックで読ませようとしても、うまくいかないということなんです。

また読みたいと思う理由がそこになければ、アクセスは稼げたとしてもファンになってもらうことはできないですから。だからビジネスにつながらない。

逆に面白いのにアクセスがうまく集まらないブログは、記事のチューニングをすると改善することがあります。つまり、発想が逆ということですよね。

読まれるブログ、読んじゃうブログをつくるためにやるべきこと

  • 自分の興味のあること、好きなことについて書いているブログを読みまくる。
  • なぜ、そのブログを読みたくなるのか、なぜ読んじゃうのかを考えてみる。書き出す。
  • 自分の場合はどうだろうと考えてみる。
  • 人が知りたいことと自分が伝えたいことを近づけていく。
  • 過程を楽しむ。

キーワード選定とか記事の書き方とか、文書構造とか、心理トリガーとか、いろいろありますけど、それ以前にやるべきことがあるということです。

今日書いたことは、特別なテクニックやノウハウ、スキルがなくても誰にでもできることです。もし、うまくいかないなぁと思っているのであれば、ぜひやってみてください。

面白いブログを見つけて、自分のブログと比べた時に感じるギャップがどこにあるのか、そこに気づくことが最初の一歩です。

ギャップを見つけたら、あとはそれを埋めていくだけ。試行錯誤もあるとは思いますけどね、大事なのは、それを楽しむことです( ^^)。

自分が楽しまないと読者にとっても面白いものはできないですから。

-コンテンツづくり

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.