ブログ集客

ページビューを簡単に上げる方法

投稿日:

お気に入りのモバイル機器

ブログを書いている人の多くはGoogle Analyticsなどのアクセス解析ツールを入れていると思います。

アクセス数やページビュー数をチェックしているのであれば、もう一つ気にかけて欲しいものがあります。

それは、直帰率です。

直帰率もしっかり考えていくと奥が深いのですが、ここでは今すぐにできる打ち手についてご紹介します。

より多くのコンテンツを見てもらおう

直帰率とは、ページを訪れて、そのページだけを見て去ってしまう人の割合です。

例えば、A、B、Cというページがあって、二人の読者が次のような行動をとったとします。

読者1:A→B→C(離脱)
読者2:A(離脱)

このような場合には、Aのページの直帰率は50%ということになります。

いろんなページを見てもらった方が理解も深まるので、単純に考えても直帰率は低い方がいいわけです。

特に、アクセスがあるのに直帰率が高いページがあれば、そのページを改善することを考えてみて欲しいのです。

今すぐできる直帰率を下げる簡単な方法

その方法として、ぜひやってみて欲しいのが、 「関連記事へのリンクを張る」 ということです。

既存のページへのリンクを張るだけなので、今すぐにできます

その際に、どうしたらクリックしてもらえるかなと工夫をしてみてください。

関連性を分かりやすくするためにタイトルを調整したり、簡単な紹介文を添えるなど、興味をもってもらえるようにひと手間かける。

たったこれだけのことで直帰率が大きく改善することがあります。

特に過去記事から新規記事へのリンクは効果があります。

新しい記事から過去の記事へのリンクを張ることは書いていて思いつくのですが、その逆は思いつかないことが多いんですよね…。

過去記事を読んだ人は、もしかしたら、こんなことになっているのかもしれません…。

この先行き止まり

こうしたことをちょっとずつ繰り返すだけでも、ブログやサイトは成長していきます。

より多くのページを見てもらうことで、商品やサービス、あなた自身についてもっと知ってもらえるようになるわけですね。

興味関心が高まり、信頼関係がつくられていくので、結果として、問い合わせや申し込みにつながりやすくなっていきます。

また、関連リンクをつくることは、今まで存在しなかった導線が生まれ、読者が新たな情報に出会う機会となるだけではなく、サイト内の内部リンクも増えることになるのでSEO対策の視点でも有用です。

読者にとって役にたつ情報を提供するには、という視点で考える

関連記事へのリンクは、単にリンクを張ってクリックされる可能性を上げるということではなく、あくまでも「読者に役立つ情報に導く」と考えることが大切です。

関連時期へのリンクを作ってもその先のページを読んでもらえないとしたら、そもそも元のページの内容に満足していない可能性があります。

その時には、元のページの内容を見直す必要があるということです。

新しい記事を増やしながらも、過去記事の改善ポイントを見つけてこまめにチューニングしていくことも忘れずに取り組まないとですね!

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.