ブログ集客 独自化

ブログには好きなことを好きなように書く。独自性こそがそのブログを読む価値となる。

投稿日:2017年1月1日 更新日:

独自性のあるブログの作り方

そろそろ記事が更新された頃かなぁと訪れてみたり、一度読んだことがある記事なのに気がつくとまた読んでいる…。そんなブログってありませんか。

検索して情報を手に入れてサヨナラの一期一会のブログではなく、繰り返し読みたいブログ。更新が楽しみなブログ。ブログを書くのであれば、そんな風に何度でも読んでもらって愛されるブログをつくっていきたいですよね。

検索ユーザを取り込むにはキーワードが重要な役割を果たしますが、リピートしてもらうのに必要なのはコンテンツの力、記事の面白さです。

人を惹きつける面白さがどこからやってくるのかというと、それは独自性なんじゃないかなと思います。その人ならではのコンテンツだからこそ、何度も訪れて読みたいと思うわけです。

独自性のあるブログを書くコツはたった一つ。

「好きなことを好きなように書く」

これに尽きるんじゃないかと思います。

ブログには自分にとって意味があることを書く

ブログを書くというと「自分なんかがこんなこと言ってもいいんだろうか」って思う人もいるようですけど、いいんです。

興味のない人はそもそも読まないですから。誰かに遠慮する必要なんてこれっぽちもありません。

嘘をついたり、人を傷つけるようなことでなければ何を書いたってOKです。

WEB業界で長く働いてきた身としては、起業業界(?)界隈で使われている「オウンドメディア」というワードはすでに死語じゃないかと思っているので、今さらこの単語を出すのはちょい恥ずかしめなのですが、ブログは「オウンド」なメディアの一つです。

じゃあ、その自分のメディアで何を書けばいいのかという質問の答えが冒頭の「自分の好きなことを好きなように書く」なわけです。

もし、自分のメディアで書きたいことが書けないとしたらブログなんてやらない方がいいと思うんですよね。

人生の貴重な時間を使って書いているんだから、誰かの役に立つのはもちろん、自分にとっても意味のあることを書いていくべきだと思うのです。

ノウハウや用語を集めたブログは検索エンジン対策にはなるかもしれないけど、他でも手に入るような情報、一般的なこと、みんなが言っていることばかりを「今さら」書いても意味がないですし、そんなブログには誰も興味を持たないですよね。

自分にしかない切り口で書かれた記事の方が100倍面白いし、そこに独自性が宿るわけです。

好きなことを好きなように書く。

これが独自性のあるブログを書くための唯一の方法です。

好きなことを好きなように書く 

とはいえ、好きなことを好きなように書くというのは、実は案外難しかったりもします。

好きなことを書くというのは、自由気ままに書けばいいということではなく、自分の価値観や考えを整理してアウトプットしていくという作業だからです。

だから、これはもうトレーニングあるのみなんですよ。こう言ってしまうと身も蓋もないけれど書くしかないんです。

まぁ、そりゃそうですよね。

頭の中でどんなにシミュレーションしたところでアウトプットしなかったら人目に触れるとはないわけですから。

自分には文才がないとか言う人もいますけど、世の中文才のある人の方が少ないです。だから、そんなこと気にするのはナンセンスだし、そもそも文才を判断するのは書き手ではなく読み手ですからね。

最初からうまく書こうなんて思わずに、とりあえずは思っていることを書いてみる。大勢の役に立たなくても誰かひとりのためになればいいじゃんって思えば気楽なものです。

間違えたら直す。考え方が変わったら、考えが変わりましたって書けばいいだけです。

結論や主張から逃げない 

もう一つ大事なのは、結論や主張から逃げないということです。

ゆるくてふわっとした文章になりがちな人は、考えが整理されていないから結論や主張をぼかしがちです。言いたいことは言う。書きたいことは書く。

このことを意識すると面白さが増してグッと引き込まれるブログになっていきますし、書き手にも興味を持ってもらえるようになります。

そのためには、自分が何を大事にしていて、どんな価値観を持っているのかを自分自身が理解していなければならないですし、言葉にする必要があるわけです。

耳障りのいい言葉で何となくの薄っぺらいアクセスを100集めるよりも、自分が考えていることに興味を持って読んでくれる10のアクセスを集めることの方がよっぽど大事です。

好きなことを好きなように書く。つまり、ブログで自分自身の価値観を明らかにすることで、そこに共感してくれる人が現れます。

ただ単にキーワードのことを考えるのではなく、独自の価値観を伝えるブログをつくっていきたいのものです。

もし、この記事を読んでブログを書くことをもっと楽しみたいと思った方は、ぜひ無料メルマガも登録してみてください。単なるノウハウだけではなくブログ活用の考え方なんかについてもお伝えしています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客, 独自化

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.