ブログ集客

ブログのアクセス数が上がらない?集客できないと言う前に考えたいこと

投稿日:2016年7月9日 更新日:

ブログのアクセス数が上がらない?集客できないと言う前に考えたいこと

ブログで集客ができないと言う前に、ちょっと考えてみたいことがあります。

ブログで集客できない。アクセス数が集まらない。そんな相談を受けるたびに感じるのは、WEBというメディアが事態をややこしくしているなぁということです。

「WEBはようわからん」という先入観というかフィルタがかかってしまうというか。確かに簡単ではないけれど、必要以上に苦手意識を持つ必要なんてありません。

ウェブ集客の2つの方法

まず、ウェブ集客には大きく2つの方法があります。

  1. お金をかける方法
  2. お金をかけない方法

お金をかけるとは、広告を出すということです。もし、時間と労力を短縮したいのであれば、お金をかけて広告を出せば集客することはさほど難しいことではありません。

WEBにお金をかけたくないとか、広告なんて大嫌いとか言う人もいますけど、そう考えるならお金をかけない方法を考えればいいだけです。

お金をかけない代表的な方法は、ブログを書くなどして検索エンジンからの流入を得ることですね。読者の悩みや困っていることに対しての答えをブログに用意しておいて、検索結果の画面からアクセスしてもらうという方法です。

この方法をとるならお金をかけずに集客をすることができます。

ただし、この方法の場合は時間と労力をかけてコンテンツを育てるしかありません。記事を書かなければ検索してもらうことは不可能だし、検索結果画面で上位表示させるためには、お客さんの心の内を考えながら試行錯誤することも必要です。

記事を書くのにも検索結果画面でいいポジションをとるのにも時間がかかるうえに、かけた労力が必ずしも報われるとは限らないので、粘り強さが必要です。

でも、ブログを書くことは誰にでもできることだし、お客さんとなる人の気持ちがわかる人であれば、成果もちゃんと出ます。

お金もかけたくないし、コツコツと記事を書く時間も根気もないという人には残念ながらWEB集客は向いていません。他の方法を考えた方が良いと思います。

集客には覚悟が必要

僕が強調しておきたいのは、お金をかけるにしても、かけないにしても、集客には覚悟が必要だということです。

広告を使うにしても、テストを繰り返しながら反応をみて精度をあげていく必要があるし、ブログを使ったウェブ集客だって、コツコツ記事を増やしていく必要があります。どちらも簡単なことではないです。

でも、簡単なことではないから取り組む価値があるんですよね。やれば成果につながるとわかっていても、それをやりきれる人が少ないから。

広告なら、反応がとれるまで改善んし続けることができるかどうか。

ブログなら、100記事書ける人がどれくらいいるか。人が100記事書くなら自分は200記事書こうとうい人がどれくらいいるか。

それをコツコツと続けて、500記事、1000記事と書き続けられる人がどれくらいいるかです。

やりたい人10,000人。始める人100人。続ける人1人。

なんて言葉もあります。だからこそやり続けることに価値があるんです。

僕がクライアントに言い続けているのは、覚悟をもって取り組もうということです。

せっかくブログを通じて情報発信を始めるんだから、それは楽しみながらトコトンやってみませんか。

続けた人だけが見える景色が必ずあります。

さいごに早く成果を出すための秘密をお伝えします。

それは、今すぐ始めることです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.