ブログ集客

ブログで集客できない時に友人知人のアドバイスを聞いてはいけない

投稿日:2016年7月10日 更新日:

ブログで集客できない時に友人知人のアドバイスを聞いてはいけない

ブログを書いているのになかなか成果がでない時には、大きく2つのパターンがあるんじゃないかなと思います。

  1. 夜明け前
  2. 方向性が間違っている

どちらも成果が出てないという点では同じだから、メンタル的にというか、モチベーション的にも厳しいですよね。

どこかで「このまま続ける」「軌道修正する」の判断をしなければいけないんですけど、そのアドバイスを誰に求めるのかはよく考えないとね。

そこを間違えちゃうと確実に無駄なループにはまります。

見込み客ではない人のアドバイスは聞かない

そういう苦しい状況に置かれた時には、アドバイスが欲しくなったりもしますけど、友人や知人のアドバイスをきいてはダメです。

なぜなら、あなたの見込み客でない人の意見はまったく参考にならないからです。

ビジネスの基本はお客さまの求めているものを提供することです。ブログで集客したいなら、この原理原則を絶対に外さないことです。

よく、迷ったらお客さまに聞けなんていいますけど、リアルな話、集客がうまくいかないと悩んでいるくらいだから、お客さまに直接聞ける環境にいる人って少ないんじゃないかなって思うんですよね。

僕はそうだったんですよね。それまでの企業向けのサービスに加えて、起業家向けのサービスを新たに始めた時は、起業家のお客さまはゼロ。

聞ける人なんていなかったんです。だから、最初は想像に頼って試行錯誤ばかりでかなり苦労しました。

そこで、見込み客になりそうな、起業しているけれどWEBを活用できていない知り合いに聞いてみたりもしたんですけど、結果として意味がないってことがわかりました。

その人が真剣に考えてくれるかどうかではなく、そこに本当に悩みがあるのかどうかがポイントだということです。

本当に悩んでいない人の話を聞いても参考にならないし、的外れな意見をもらったりすると余計な迷いも出てきます。

迷ったらプロにアドバイスを求める

プロに聞く。やっぱりこれが一番早いし確実ですね。本当に。

結局のところ、仮説を立てて行動してみるしかないんですよ。で、検証して改善をする。この繰り返しです。

実際、やるべきこと、やれることはこれしかないんですけど、いかに無駄な試行錯誤をしないかってことなんじゃないかなと思います。

ここをショートカットさせてくれるのがプロの力です。

僕は自分で試行錯誤したので時間がかかりましたけど、うまくいっている人にアドバイスを聞けばよかったなと思っています。

ビジネスでもプライベートでも僕にとっては時間が一番大事。だから、投資をして早くリターンを得る方法をとればよかったなというのが、正直な気持ちです。

とはいえ、試行錯誤をしたことで、うまくいくこと、いかないことのノウハウを貯めることができたのも事実。これが今のコンサルティングビジネスのベースとなっています。

まとめ

ブログの集客で悩んだら、最初に考えるべきは見込み客が知りたいことは何かをもう一度考え直すことです。

原理原則に立ち返る。

実際に見込み客や既存客にどんなことに悩み、どんなことを知りたいのかを聞ける環境にあるのであれば、それを聞いて、仮説を立てて検証するというループをつくる。

見込み客ではない知人や友人の声を参考にすると、間違ったループをつくることになるので注意が必要です。

もし、聞ける環境がないならば、プロの力を借りるのが早いです。顧客の捉え方と仮説と検証のモデルづくりのアドバイスをもらいながら効率良く試行錯誤をしていくという感じですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.