ブログ集客

初心者向け「ブログ集客」の考え方

投稿日:2016年3月29日 更新日:

ブログ集客の考え方

ブログを活用した集客の考え方はものすごくシンプルです。人が知りたいことを書くということ。たったそれだけのことです。そこを理解しない限りはスタート地点に立てません。

ブログに何を書いていいかわからないという相談を受けることがありますが、何を書いていいかわからない状態って、そもそもブログの問題ではないんですよね。

人が知りたいことがわからないってことだから。

お客を知ること

ブログだろうとリアルだろうと、見込み客が何を欲しがっているかがわからなければ、情報を発信することはおろかビジネスをすること自体が難しくなります。だから、何よりもまず見込み客が何を欲しがっているか、何を知りたがっているかを見つけることに注力しないといけないのです。

何よりもまず「お客を知ること」です。

そこをすっ飛ばしてキーワードの選び方とか、記事タイトルのつけ方を学んでも成果が出ないのは当たり前なのです。何が知りたいかわからなければキーワードなんてわからないし、タイトルで興味を引くとか無理ですよね。

ある程度あたりがついたら、月間の検索ボリュームを調べるとか、複合キーワードを考えるとか、いくつかやっておいた方がいいことがあるので、それらは押さえておきます。

で、ある程度方向性を固まったらは、あとは記事を書くだけです。いつまでも事前準備をしていてなかなか記事を書くところに進めない人もいるようですが、まずは書かないと。

書くということは、頭の中でぼんやりとわかっていることを言葉にするということです。この作業をひたすら繰り返すことで、自分が誰に向けて情報を発信していて、何を言いたいのかが研ぎ澄まされていきます。

まさに武器は走りながら拾うみたいな感覚。書きながら精緻化するとでもいうか。

また、僕はブログの上達にはトレーニングが必要だと考えています。学んだからっていきなり素晴らしい文章が書けるなんてことは絶対にないから、数稽古で何とかするしかない。

量と質どっちが大事か

昔からブログには量質論争なるものがありますけど、量と質どっちが大事かを考えることは無意味です。だって、お客さまのことおを考えたら、質は大事に決まってますよね

ピンポイントでお客さまにも検索エンジンにも好かれる質の高い記事を書ければ良いですけど、ほとんどの人はそううまくいかないわけです。そしたら、いろんな角度からお客さまの役にたつ情報を掘り下げていかざるを得ないので量も必要になってくるんですよね。

お客さまが知りたい情報をたくさん提供する。

こう書くと身も蓋もないですけど、悩んでいたり、勉強しすぎて動けなくなっている人は、この視点が決定的に欠落しています。

お客さまを中心にして、どうやったら最終的に自分の商品やサービスに辿りついてもらえるかを考えることがマーケティングです。そのために何ができるかを考えて実行するのみです。

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.