ブログ集客 世界観

ブログの集客は自分自身がブログを楽しむことが大切

投稿日:2017年2月6日 更新日:

ブログを楽しむ

「ブログを書くのが楽しい!」

クライアントからそんな言葉を聞くと僕も嬉しくなります。

ブログの集客って、書き始めた頃には、集客のためにブログを書くということがピンとこなかったり、書くのが苦手、書くのが辛い、という方が結構多かったりもします。

それでも、いつしか「書くことが楽しい」と言ってくれる人が増えていきます。実は、「楽しい」という人は成果につながる人が多かったりもするんですよね。

成果が出るから楽しいというのも当然あります。

でも、これまでの経験上、「楽しい!」と思って書いている人が成果を出しています。これは無視できない傾向だなぁと。

ブログの集客の基本は自分自身が徹底的に楽しむこと

自分自身が楽しむというのは、自分の好き勝手なことを書くということではなく、「人の役にたつ」とか「人を楽しませる」ことを楽しむということです。

単純な話ですけど、人の役にたつ情報を提供すれば喜ばれますよね。それはブログでも同じだし、ビジネスでも同じです。

だから、日記のように自分自身のことを書いたとしても、それが読んでくれる人のためになるものであれば、全然構わないわけです。

今日の自分の失敗から学んだことは、同じような状況にある誰かの役にたつかもしれないですよね。

逆に、キーワードを突っ込んで、どんなにボリュームのある記事を書こうが、これが誰かの役に立つ!と思えない記事であれば、書いている自分も楽しくないはず。

ブログが続かない、何を書いていいかわからないという人は、自分を「楽しい!」という状態にまだ持っていけてないんじゃないかなと思います。

楽しむことで脳が「快」の状態になる

実は、僕はこれが大事だと思っています。

ビジネスに限らず、スポーツでも遊びでも、ものごとのパフォーマンスには脳が影響を及ぼすと思っているんですよね。

どんなに優れた知識や力を持っていても、それをうまく発揮できなかったら宝の持ち腐れですよね。そうした知識や力を活かすためには、脳を「快」の状態に保つのがいいんじゃないかということがわかってきました。

とある会社での執行役員時代。

売り上げのプレッシャーと競争で僕の脳は完全にいじけた状態になっていました。これじゃうまくいくはずがないんです。いじけた脳は判断を間違うし、結果として間違った行動を取ってしまう。

だから、どんな時も脳を「快」の状態に保つことが大切だということ学びました。

脳が「快」の状態にあると、協力してくれる人や応援してくれる人が増えるし、何よりも自分自身が楽しい。そして、不思議と(笑)いろんなことがうまくいきます。

これはブログも同じだと思っています。

「快」の状態で書いた記事はいい仕事をしてくれる

同じブログを書くにしても、集客のためにブログを書くと考えるのか、誰かの役にたつためにブログを書くのかで、楽しさもモチベーションは大きく変わります。

集客のために力を込めてブログを書こうとすると、いいキーワードを見つけて、なんとかして人を集めたいって思ってしまうけれど、そんな気持ちで書いているとなかなかうまくいかなかったりするんですよね。

力の抜けた状態で書いた記事が、意外にもいい仕事をしてくれることが多かったりします。

その状態こそが、楽しんでブログを書いている状態なんじゃないかなぁと思っています。

限りある人生の貴重な時間を使ってブログを書くんだから、それを「作業」にしちゃうのは時間がもったいないと思うんですよね。

結果がでる時というのは、自分自身がプロセスを楽しんでいる時じゃないかなぁと。

ビジネスも楽しんだ人が成果をあげているという「事実」

楽しむとか不謹慎っていう人もいるかもしれませんが、楽しんでいる人、面白がっている人の方が成果を上げているというのが事実じゃないかなと思います。

役員時代にお世話になった社長もことあるごとに「面白えぇぇ!」を連発していました。

当時は「必死になってやっているのに、能天気な!」とか思ったこともありますが、残念ながら、いじけた脳は楽しむという発想を持ち得ないわけです。

ブログだろうがなんだろうが楽しんだもの勝ちです。

楽しい人のところに人は集まるし、その世界観にひかれる人がお客さんになってくれる人です。

僕は、そんなブログの楽しさをもっと伝えていきたいなと思っています。

-ブログ集客, 世界観

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.