WEBマーケティング

feedlyを使ってブログの更新情報を届けよう

投稿日:2016年11月14日 更新日:

feedly

お気に入りのブログが更新されたかどうかって気になりますよね。毎日更新されているブログであれば毎日見に行けばいいのですが、行ってみたけれど更新されていなかった…なんてことがないように、ブログが更新されたタイミングで読みに行きたいものです。

逆に、情報を発信する側からすると、ブログを更新したら読みに来て欲しいですよね。

ブログの更新を伝える方法として、メルマガを使った告知やFacebookやtwitterなどのソーシャルメディアででのシェアなどを絡める方法があります。それらをうまく組み合わせて使えばブログの更新情報を効果的に伝えることが可能です。

でも、組み合わせはメルマガの発行やソーシャルメディアでのつながりなどいくつかの前提条件があるので、ちょっとハードルが高いなと感じる人もいるかもしれないですね。

そこで今回は、ブログから更新情報を配信する仕組みと受け取る仕組みについてご紹介します。簡単に導入できますし、書き手、読み手の両方の立場から見ても便利な仕組みなので、ぜひ取り入れてみてください。

ブログの更新情報を配信するRSSフィード

ブログの更新情報を配信するには、RSSという技術を使います。

RSSとは、ブログやWEBサイトが更新された時に更新情報を通知をしてくれる仕組みのことです。

ブログであれば、記事を書いて公開すると「こんなタイトルのこんな内容の記事が公開されましたよ」というのを情報を通知してくれます。こうした更新情報を通知することをRSSフィードと呼びます。フィードとは供給という意味なので、RSSを供給する、通知するものと思ってもらえればよいでしょう。

ただ、書き手が一方的に供給しても受け取ってもらわなければ情報を届けることができません。

そこで、フィードを受け取ってもらうための仕組みを使うわけですね。通知を受け取るのにはRSSリーダーを使います。

RSSリーダーにはブラザで使うWEB上のサービスもあれば、WEBを経由してPCやスマホで閲覧するためのアプリケーションもあるので、いくつか試して使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

読み手側のRSSリーダーに自分のブログの情報を登録をしてもらうと、更新したタイミングで読者に通知がいくので、そのタイミングでブログやサイトを見てもらえるようになります。

RSSリーダーにはいくつか種類があるのですが、今回は、feedlyというRSSリーダーの中でもシェアの大きいサービスを利用している人向けのボタンを設置してみましょう。

feedlyのボタンを設置する

feedlyを利用している人であれば、feeldyボタンを押すだけで自分のRSSリーダーにブログのRSSを登録をすることができます。

feedlyボタン

feedlyの利用者にブログに興味を持ってもらえれば、すぐに読者になってもらえるということですね。逆に、自分がfeedlyを利用していれば、ボタンをクリックするだけで更新情報を受け取れるようになるということです。

まずは、公式サイトにアクセスをします。

http://www.feedly.com/factory.html

アクセスをしたら以下の3つのステップでボタンを作ります。

ステップ1:デザインを選ぶ

Feedly1

自分のブログに設置するボタンを選びます。どこに設置するかでも大きさやデザインが変わりますが、基本的には大きくて目立つ方がいいかなと思います。

ステップ2:フィードのURLを入れる

Feedly2

フィードのURLを入れるには、自分のブログがどこでフィードを配信しているかを調べる必要があります。

調べ方は、自分のブログのソースを見て、フィードの記述を探すことになります。

ブログの画面を右クリックして、Windowsだったら「ページのソースを表示」とか、Macのsafariだったら「要素の詳細を表示」を選択するとソースを表示させることができます。

すると、HTMLが書かれた画面が出てくるので、「RSS」と検索をすると次のような記述が見つかるはずです。

Feedly4

ここに記述されている、

https://web-katsuyo.info/reed

というのがこのブログのフィードのURLです。

多くの場合は、URLのあとに「/feed/」あるいは「/feed」をつければいいことが多いのですが、念のため確認をしてから登録するようにしてください。

ステップ3:コードをコピーしてブログに貼り付ける

Feedly3

フィードのURLを入力するとこのようにコードが生成されるので、これをコピーしてブログのサイドバーのウィジェットなどに貼り付ければ設置完了です。

まとめ

feedlyを使うことで、次のようなメリットがあります。

  • 自分のブログを更新したタイミングで読みに来てもらえるので情報を届けやすくなる
  • お気に入りブログが更新されたタイミングで読みに行けるので情報収集の効率がアップ

読者がfeedlyを利用していれば、ブログを気に入ってくれた人にワンクリックで読者登録をしてもらえるということですね。

登録してもらえれば、ブログの更新情報をタイムリーに届けることができるので、あとは読者にとって役にたつ記事、面白い記事を書いてリピートしてもらえるように頑張ればよいということですね。

また、feedlyを利用することで、お気に入りのブログ、情報ブログ、ニュースサイトなどの複数のサイトの更新情報を、更新されたタイミングで一元管理で手にいれることができるようにななるので情報収集の効率は格段にアップします。

フィードは、ブラウザ、PC用のアプリ、スマホアプリなどで見ることができるので、移動時間などのちょっとした時間にチェックすることができます。RSSフィードをまだ活用していない人には、ぜひ活用して欲しいなと思います。

ちなみにこのブログはこちらから登録することができます。よかったらどうぞ。

follow us in feedly

-WEBマーケティング

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.