WEBマーケティング

マーケティングでよく耳にする「一番になる」ってどういうことなんだろう。

投稿日:2017年1月24日 更新日:

富士山

個人の方のビジネスを一緒に考えていて面白いなと思うのは、すでにあるビジネスを追いかけるのではなく、ビジネスをつくっていくところです。

すでに誰かがやっているビジネスを後発で追いかけても、よっぽど強烈な強みがない限り難しいんですよね。だから、軸をずらして自分の強みを活かせるマーケットを自分でつくっていく必要があるわけです。

要はニッチになれってことなんですが、僕自身、この感覚は大手企業のWEBマーケティングやクリエイティブの仕事をしている時には持っていませんでした。

そりゃそうですよね。大手はニッチビジネスではないから。

そんなこともあって、独立当初は結構苦労したんですよね。何をしていいかがわからない。お客さんもライバルもわからない。そこからのスタートでした。

一番になれ!っていう意味はわかるけれどピンとこない。

マーケティングでは一番手と二番手以降では戦略が異なります。カテゴリで一番になることの意味はわかるし、一番になれるカテゴリがなければ、自分で作れという理屈もわかる。

でも、自分が何で一番になるのかというのがピンとこなかったんですよね。

今にして思えば、これはもう完全に頭が固くなっている状態です。考えても考えても同じことしか思いつかない。

僕のお客さんと話していても、かつての僕と同じような状態のからスタートすることが多いです。思い込みとか固定観念でアイディアが出ない状態。もしかしたら、この記事を読んでくれている人の中にも同じような状態の人もいるかもしれないですね。

そういう時って、どんなに考えても、どんなに勉強しても、なかなか抜け出せないんですよね。

そこから抜け出すためには、発想を変えなければならないのです。

何で一番になるかは最初に決めるものではない。

「一番になれ」「一番になれるカテゴリを作れ」って言われると、自分だったら何で一番になれるかを考えてしまいがちです。

強みやUSPを考えてもなかなか答えは出ないし、単純に絞り込んだところでニッチな戦略をとるのは難しいでしょう。

「日本で一番高い山はパッと言えるけど、二番はすぐに出てこないよね」とか言われると確かにそうだなと思っちゃいます。でも、その発想からスタートするとなかなか先に進まないんですよね。

一番というのは結果であって、最初に自分で決めるものではないからです。

お客さんやマーケットが決めるものです。

だから、お客さんが必要としているけれど、まだ提供されてないものはないかな…と考えるところからスタートしないと、なかなかアイディアは出ないんですよね。

実はこれ、マーケティングではマーケットイン、プロダクトアウトと呼ばれる考え方なんですけど、起業家の中には、強みやUSPに注力るあまりプロダクトアウトの視点に偏ってしまう人が多いなと感じています。

かつての僕がそうであったように。

お客さんが必要としているものを見つける。

お客さんが必要としているけれど未開拓な状態のマーケットを見つけて、自分の強みを活かした解決方法を提案することができれば、一番になるカテゴリを作れる可能性があります。

ネットで検索をすれば、お客さんがどんなものを必要としているかを考えるためのヒントはあちこちで手に入れることができます。ニッチなマーケットがありそうかどうか、その大きさはどうかを経験や想像力、リサーチをもとに仮説を立てます。

あとは、仮説をもとにブログを使って情報発信をしてみればよいのです。アクセスが集まるようであれば、そこに集中して取り組めばいいし、ちょっと違うなと思ったら起動修正を繰り返します。

つまり、既存のビジネスの後を追うのではなく、お客さんが必要としているものを見つけ、「欲しい」と思ってもらうことで、新たなマーケットを作るということですね。

アクセスが集まって反応がとれるようであれば、あとはもう徹底的にお客さんを喜ばせることを考えるだけです。ブログであれば、出し惜しみせずに情報をどんどん出し、商品やサービスを提供して使ってもらう。

これを愚直にやり続けることが、スモールビジネスにおいて自分が一番になるカテゴリを作るということなのです。

新しく立ち上げるのももちろんですが、既存マーケットでの競争をやめて、新しいカテゴリを作ってビジネスを再構築するのにも、この考え方を使うことができます。

ブログを使うことで情報発信だけではなく、情報を手に入れることもできます。手にいれた情報をもとに次の打ち手を考えられるようになると、ビジネスは成長しいくわけですね。

-WEBマーケティング

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.