起業家のためのWEBマーケティング講座

WEB業界20年のプロデューサーが教える起業家のためのWEBマーケティング活用法

コンセプト WEBマーケティング

WEB集客がうまくいかいないのはコアコンセプトが固まっていないから。

投稿日:2018年10月16日 更新日:

WEB集客がうまくいかないのはコアコンセプトが固まっていないから

WEB集客がうまくいかないという声をよく聞きますが、WEBサイトやブログにアクセスを集めること自体は難しくありません。

広告・SEO・SNS・メルマガなどの手段を使えば、サイトにアクセスを集めることはできます。

広告のうち方、検索エンジン対策の方法、SNSの活用法、メルマガの書き方、さらにはステップメールの作り方なども検索をすれば情報はいくらでも手に入りますし、ノウハウを記した本もたくさん出ています。

とるべき手段がわかっていて、情報もたくさんあるのに、なぜWEB集客はうまくいかないのでしょうか。

WEB集客がうまくいかないのはコアコンセプトが固まっていないから

WEB集客がうまくいかない人は口を揃えて「集客ができない」と言います。

でも、先ほど書いたように集客の手段はたくさんあるし、ノウハウも手に入れることができます。

なので、「集客ができない」というのは正しい表現ではないのです。

集客ができない理由は何かと考えてみると、効果的な広告を打てない、検索エンジン対策がうまくいかない、SNSでの反応がとれない…といった具合に細分化して考えることができます。

まずは現状を把握することです。

その上で、なぜ広告やSEO、 SNSがうまくはまらないのかと考えてみるのですが、ほとんどの場合、その理由はコアコンセプトがしっかり固まっていないからなのです。

コアとなるコンセプトが固まっていないと、そもそも何を達成すべきなのかが明確にならないのです。

結果として、WEBマーケティングははまらないし、商品やサービスの魅力を伝えることは難しいでしょう。

どこに向かえば良いかがわからないから。

逆にコンセプトが固まれば、WEBサイトやブログの構築から、商品・サービスの内容、コンテンツを活用した訴求方法まで一貫した戦略をとることができます。

もしも、集客がうまくいかない…と悩んでいるのであれば、集客方法を試したり見直したりすることよりも、コアコンセプトを固め直すことに注力した方が良いでしょう。

コンセプトといってもやみくもに抽象的な言葉を考えて並べるのではなく、マーケティング的なアプローチで固めていく必要があります。

コンセプトの力。

先日、とある企業のECサイトをリニューアルオープンしました。

話をもらってから実際にリニューアルオープンするまで1年ほどかかったのですが、最初の半年でまずはコーポレートサイトをリニューアルしました。

そして、その半年後に今度はECサイトをリニューアルしたので、1年で2つのサイトをリニューアルしたことになります。

最終的な目的はECサイトの売り上げをアップすることだったのですが、ECサイトの売り上げを上げるためにコーポレートサイトのリニューアルも含めた提案をしていたのです。

ECサイトで売り上げを上げるためには、サイトを訪問した見込み顧客に確実に商品を買ってもらう必要があります。そのためには、様々な角度から検討した結果、利用しているECサイトのサービスの乗り換えを行う必要があると判断しました。

ですが、サービスを乗り換えるとなるとドメインが変わることになるので、これまで数年にわたって蓄積したSEO効果をすべて手放すことになるというのが最大の悩みでした。普通に考えたらアクセスがほとんどなくなるので売り上げは激減するでしょう。

そこで考えたのが、広告とメルマガを使ってダイレクトに新しいECサイトにアクセスしてもらうルートを作ること。

そして、もう一つのアイディアは、ドメイン変更の影響を受けないコーポレートサイトの集客力を高めて、コーポレートサイトからECサイトに送客することです。

1年もかけて、一見遠回りのようにも見えますが、結果として戦略プランどおりにリニューアル当月からしっかり売り上げをあげることができ、今月にいたってはちょうど半月で対前年同月の売り上げを超えました。

広告と並行して、ECサイトにはSEOの施策をコツコツと続けていくので集客力は確実にアップしていくでしょう。

今回のECサイトの売り上げアップを図るプロジェクトは、最初の段階で2つのサイトはコンセプトが弱く、同じ会社のサイトとして一貫性がない状態で運用されていることに気がつきました。

なので、コンセプトメイクを含めた戦略づくりには時間と予算をかけさせてもらいました。

一貫性をもって進めることができているので、2つのサイトのリニューアルを終えた今、次にテコ入れをすべき箇所もわかっています。そこを改善すれば、売り上げはさらに伸びると確信しています。

この仕事をしているとうまくいって当然と思われるのですが、ボーナスが欲しいくらいです(笑)。

現状を打破したければコアとなるコンセプトを再構築すること

WEBサイトをつくる、活用するというのは、マーケティング的な手法やメディア、ツールなどを駆使するだけではうまくいきません。

仮に一瞬改善したように見えても、根本的な問題が解決していなければ、また同じ問題を引き起こすことになります。

デザインは大事ですが、デザインもコンセプトありきですし、集客を考えるならデザインよりもコンテンツの質を重視すべきです。もちろんコンテンツはコアコンセプトを具現化したものである必要があります。

停滞した現状を打破したいと思うのであれば、現状を分析した上でコアコンセプトを再構築すべきです。

もしも、コアコンセプトを見直すパートナーが必要であればお声がけください。

一緒に考えましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-コンセプト, WEBマーケティング

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.