世界観

あなたのブログ集客の課題は専門分野の知識やノウハウの質ではない

投稿日:2015年10月27日 更新日:

木漏れ日

コンテンツマーケティングとは、ブログやソーシャルメディアなどを活用して情報を発信し、見込み顧客にアプローチするブログを活用した集客方法の一つです。

具体的には、商品やサービスを直接売り込むのではなく、その人の悩みやお困りごとを解決するための情報を提供しながら関係性をつくっていくというものですね。

ブログで悩みやお困りごとのキーワードを取り込んだ記事を書くことによって、検索エンジンからの顕在顧客の流入を狙ったり、役立つ情報の提供によってFacebookなどのソーシャルメディアで共有されることによって、潜在顧客にアプローチすることができます。

ブログは価値の提供の場

コンテンツマーケティングの基本は価値の提供に徹することです。

自分の専門分野であれば、教えてあげられることってたくさんありますよね。あなたが持っている専門的な価値を、必要としている人に惜しみなく提供するということです。

こうした活動を続けることで、専門家として認識されるようになるわけですね。

でも、いざブログを使って情報を発信しようとすると、「この情報は自分だけが知っている情報でもないんだよな」と考えてしまって、なかなか前に進めないというケースがあります。

逆に、情報はバンバン発信するものの、なかなかファンが増えない、リピートしてもらえないというケースもあります。

どちらも、こうしたケースに直面してしまうと、自分の知識やノウハウの質を疑ってしまうことが多いんですよね。

でも、ここでの問題は、あなたの専門分野における知識やノウハウの質ではないんです。

自分だけしか知りえない情報なんてほとんどないし、検索をすれば同じような情報を発信しているブログはたくさんあります。これって当然のことですよね。

例えば、ブログを書くノウハウとして「記事のタイトルにキーワードを入れよう」って言ったとしても、それは僕だけが知っている情報ではないし、誰が説明しようと、ほぼ同じ内容になるわけです。

「何を言うか」よりも「誰が言うか」

じゃあ、そんな情報は発信する価値がないのかというと、決してそんなことはありません。あなたの情報を必要としている人はたくさんいるのだから、どんどん発信すべきです。

ポイントは、発信する情報にあなただけが持つ「世界観」というフィルターをかけて独自化をするということ。

あなたの価値観やものの見方、考え方、言葉遣いなど、あなたの世界観を通じて情報に独自の付加価値をつけていくということですね。

世界観を意識した情報発信を続けていくうちに、その情報は、どこにでもあるノウハウでなはなく、本質的な解決策を提供するものへと変わっていきます。

ノウハウ系の情報を発信している時には「何を言うか」に反応していたアクセスが多いのですが、本質的な解決策となる情報を発信するようになると「誰が言うか」に反応したアクセスが増えてきます。

つまり、それがファンになるということであり、「ファンが集まるコンテンツづくり」とはそのプロセスなのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-世界観

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.