起業家のためのWEBマーケティング講座

WEB業界20年のプロデューサーが教える起業家のためのWEBマーケティング活用法

起業・独立・開業

起業してビジネスの立ち上げに必要な3つのポイント

投稿日:

ビジネスの立ち上げ

この記事では起業してビジネスを立ち上げる際に考えるべき3つのポイントについてお伝えします。

これからビジネスを作っていきたいという方に向けて書いたベーシックかつシンプルな内容ですが、すでに起業して自分のビジネスをお持ちの方の振り返りにも役に立ちます。

今回の内容はブログを使って集客する方法を考えるよりもずっとずっと前段階のお話ですが、僕は今でもこの内容をもとに自分のビジネスを起動修正をしています。意外に侮れない内容です。(自分で言うなと…)

ビジネスづくりの3つのポイント

起業してどんなビジネスを作っていくかで頭を悩ませる人がいます。確かに何をやるかは重要ですかが、まずはシンプルに考えてみるといいんじゃないかなと思います。

細かいことは後から整理すればいいので、まずは次の3つのポイントで考えてみてください。

  • やりたいこと
  • 得意なこと
  • 必要とされていること

では、一つずつ見ていきましょう。

やりたいこと

起業してビジネスをつくるわけですから、それは自分がやりたいことでなければなりません。自分が情熱を持って取り組めることが大前提です。

情熱だけではビジネスはうまくいきませんけど、情熱がなくてもまたビジネスはうまくいきません。情熱がないと頑張れないですからね。

「好きこそものの上手なれ」なんて言葉もありますし。

まずは自分がやりたいことを明確にしましょう。

得意なこと

とはいっても、やりたいだけではビジネスになりません。商品やサービスを提供して対価をもらうわけですから、それが得意と言えるレベルであることが必要です。

これまでにやってきたことの中で、得意と言えることは何だろうと考えてみてください。

人よりもうまくできる自信があるものであれば何でも構いませんが、多くのこれまでの業務経験を軸にして考えるとわかりやすいでしょう。

必要とされていること

やりたいことであり、得意なことであり、かつ人々に必要とされているかどうか、つまりマーケットが存在するかどうかです。あなたの商品やサービスを欲しいという人、お金を払ってくれる人がいなければビジネスは成立しないですからね。

商品づくり

3つのポイントが重なる場所にマーケットがあるかどうかを考える

図にするとこんな感じです。やりたいこと、得意なこと、必要とされていることが交わったところにマーケットがあればビジネスが成立するということです。

まずは、この3つの円が重なる部分があるかどうかを考えてみることが必要です。図を見てみると、3つのうちどれが欠けてもうまくいかないだろうなというのは直感的にわかると思います。

その分野で一番になる必要はない

こうして考えていく中で、マーケットの中で自分の力が本当に通用するか、ライバルに勝てるのかと心配になって前に進まなくなってしまうことがあります。

その心配の原因はライバルと同じ土俵でビジネスをしようと思っていることにあります。

よく、一番にならないと目立たない、選んでもらえないと言われますが、比べられることを前提にするのであれば、それは正しい考え方です。

でも、誰かと比べられることがなければ順番なんて存在しないんですよね。

だから、どうしたら一番になれるのかを考えるよりも、どうしたら比べられずに済むのかを考えた方が楽だし、ポジティブじゃないでしょうか。

逆にライバルがいるということは、そこにマーケットがあることが確実だからビジネスとしては成立する可能性が高いということです。安心して前に進めばいいわけです。

思いつきで考えることなく、一つ一つステップを踏んで考えていくと「あれれ」と思った時にどこに戻ればいいかがわかるので、こうして考えた内容はしっかりと記録しておくことをお勧めします。

強みを考えるうえではこの記事も参考になります。

[kanren postid="7909"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-起業・独立・開業

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.