ブログ集客

なぜブログを書くのか

投稿日:2015年9月30日 更新日:

なぜブログを書くのか

気がつけば9月も最終日ですね。僕はといえば、今年の残り3ヶ月をどう楽しもうかと思案中です。

現在は、クライアントのお仕事の他、11月に開催するセミナーの準備の他、ツールを作ったり、新しいサービスのアイディアを出したりしながらも、参戦する浦和レッズの最終節へ思いを馳せる日々です。

セミナーについては、もう少ししたら告知をしたいと思っています。ブログを読んでくださっている方にもお会いできるといいなぁと思っています。

さて、今回は、先日参加した勉強会でご一緒した方から「なぜブログを書くのか」と聞かれたので、僕なりの答えを書いてみたいと思います。

なぜブログを書くのか

答えは単純に「僕のことを知って欲しいから」です。

サービスの紹介をしたいというよりも、僕の人となりや、どんなことを考えてサービスを提供しているか、そのベースとなる部分を伝えたいと思って書いています。

好きなものや好きなこと、何を見て、どんなことを感じ、何を考えているのかをビジネス軸で発信することで、そこに共感してくれる人、つまりファンとの接点をつくりたいと思っています。

最初は自分のことを書くことに多少の抵抗がありましたし、何をどこまで書いていいかもよくわからず、手探りではありました。

でも、今では、個人が自分の名前で、自分の力で仕事をしていく上では、自分を出さない限りはビジネスはできないと思っています。

このことにちゃんと気づいたのは、会社を辞めて独立をしてからなのですが、会社勤めをしている時に、こんなことありました。

お願いするならこの人しかいない

とある企業のコンペで、僕は企画とプレゼンを担当しました。かつてないほど準備をしたこと、当日のプレゼンもうまくいったこともあり、ご発注いただくことができました。

受注後の最初のご挨拶の際に、ご担当者から「プレゼンを聞いて、お願いするならこの人しかいないと思いました」とのお言葉を頂いたんですよね。自分で言うのもちょっと恥ずかしいのですが、「この会社」ではなく「この人」と言って頂いたのが強烈に記憶に残っているんですよね。

当時は、「キャラ?」くらいにしか思っていなかったのですが、「人」で選ばれることこそがビジネスをする上で一番大切なことじゃないかと、あとになって気づくわけです。

最初はプレゼンまでで抜けるつもりだったのですが、「プレゼン担当者がプロデューサーを務めること」という発注条件がついたので(笑)、最後までご一緒させて頂くことになりました。

もう、言葉では言い尽くせないくらいお世話になり、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

何を信じてその商品やサービスを買うのか

コンペでは、提案内容はもちろん、会社の名前や規模、つまり会社としての信頼性も選定条件には入っているので、「人」だけで選ばれたわけではありません。

でも、このエピソートがあったことで、独立して誰も知らない会社をたちあげて、ひとり社長として仕事をしていくうえでは、「人」を軸にやっていかなければならないと思うようになったんですよね。

自分でビジネスを立ち上げて痛感しているのですが、コンサルタントやコーチ、士業など無形のサービスを扱う場合、サービスがどんなに優れていても、使ってみないことにはその良さはわからないですよね。

じゃあ、何を信じてその商品やサービスを買うのかというと、それを売っている「人」になるわけです。

だから、人となりだったり、考え方だったり、自分自身のもっている世界観を伝えることが必要なんですね。そこをわかりあえる人が、ファンになってくれる人であり、お客様になってくれる人なのです。

こうして考えると、何をどこまで書いていいかというのも、自分の中で基準がつくれるようになんじゃないかなと思います。

僕が契約している生命保険の営業さんから毎年年賀状が届くのですが、ご自身やご家族の近況が書いてあります。最初は、会ったこともないお子さんたちに興味がなかったのに、最近では、大きくなったな〜と思うようになりました(笑)。

契約してからは会う機会がほとんどないけれど、こうして年賀状によって一年に一回、思い出すきっかけができるということですね。

ブログではないけれど、自分を含めた家族の情報を発信するというのも、その営業さんの世界観だということですね。

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.