WEBマーケティング ブログ集客 起業・独立・開業

ブログを使って起業するとか、ブログで集客をするってどういうことなの?

投稿日:

ブログを使って起業したいとか、ブログで集客をする方法を知りたい。

そんな相談をよく頂きます。

WEBを活用すれば、自分のやりたいことで食べていけるかもしれないし、ビジネスを成長させることができるかもしれません。

もちろん、すべての人が起業して成功するわけではありませんが、やり方次第では、多くの人に可能性はあるかなと思います。

ただ、いろんな方と話をしてみると、ブログとかSNSといった「ツール」に目がいってしまって、本当に考えないといけないことに目がいかないことが多いなぁということがわかります。

ブログを使って起業するということ

最近は、ブログ起業とかWEB起業、SNS起業みたいな言葉がありますが、僕はそういった言葉が好きじゃありません。かなり大きな違和感があります。

チラシ起業とか、テレビCM起業とか、雑誌広告起業なんて言葉はないですよね。

起業したいのであれば、まずはビジネスを立ち上げるために考えるべきことややるべきことがあります。ブログはその後。ブログやWEBサイト(ホームページ)は、お客さんを集める方法として活用するだけです。

WEBを活用し、使いこなすことができればチャンスは増えますが、ブログ起業やWEB起業といった言葉が、起業の本質とはちょっとずれているような感覚を覚えます。

僕はかれこれ20年にわたって、企業のWEBサイトの構築やWEBマーケティングに携わってきたのですが、企業の場合は、WEBは露出や販促、顧客関係構築などのツールの一つであるという位置付けがはっきりしています。

企業クライアントの場合、僕らは、商品やサービスの価値をお客さんに伝えるための戦略を提案し、具体的な戦術を実行していくことになります。

クライアント企業のこと、顧客のこと、商品やサービスのこと、競合となる企業や商品、サービスのことを調べ、理解し、価値を伝えるための方向性を決めて、WEBの技術やトレンド、特性などを加味しながら具体的な施策や企画にしていきます。

ざっくりいうとここまでが戦略です。

戦略をもとに、ブログやSNSなどのツールを選定し、どう使おうかと考えるのが戦術です。

お客さんとの接点となるコンテンツの作り込み、文章の書き方、言葉遣いなどはとても大切な要素ですが、それは戦略から始まって、戦術へと落とし込み、いろんなことを積み上げてきた最後のアウトプットなのです。

がしかし…

ブログを使って起業したい、ビジネスに活用したいという起業家や個人ビジネスのオーナーは、どうしてもブログの書き方とか、ノウハウみたいなところから入ろうとしてしまう傾向があるんですよね。

いきなりアウトプットの方法論だけを取り入れようとしてしまうというか。

気持ちはわかります。

でも、コンサルティングをしてみると、課題の多くは、ブログ以前のところにあることがほとんどです。つまり、書き方とか表現だけでは解決できないということ。

誰をお客さんにしたいのか、お客さにどんな商品やサービスを提供するのか、みたいなところがあやふやなので、何を求めているかを本当に理解しきれないままブログを書いているという状況です。

だから、頑張ってブログを書いているのになかなか結果につながらないのです。

ブログを起点に考えるのではなく、お客さんを起点に考える

これから起業したいという人もまたしかり。

とりあえずブログを書いて情報発信すれば集客できて商品が売れるのでは、なんて淡い期待を描いているケースもありますが、残念ながら、うまくいきません。

ブログを使って起業したいとか、ブログを使って集客をしたいというのであれば、ブログを起点に考えるのではなく、お客さんを起点に考えないとダメです。

さらにいうと、お客さんと自分とライバルの3つの関係性も考える必要があります。マーケティングでは3C分析と呼ばれていますが、こうした考え方をもとに組み立てていかないと、なかなかうまくいかないんですよね。

これから起業をしたいのであれば、まずはしっかりと商品やサービスを作ることです。商品やサービスのターゲットがはっきりしていないと、ブログの集客もうまくいきません。

戦略や戦術というと難しく思えたりもしますが、方向性を決めて具体的な方法や内容を考えるとすればわかりやすいかもしれないですね。

方向が間違っていたら目的地には到着しないし、方法が間違っていれば到着するまでに時間がかかるということです。

アクセスを集めることと見込み客を集めることは同じではない

次にアクセス数に関する誤解。

集客となるとアクセスをたくさん集めたくなります。アクセスアップの方法なんて記事をみると思わずクリックしちゃいますよね。でも、アクセスをたくさん集めることと見込み客を集めることは同じではありません。

お客さんになってくれる可能性が低いアクセスをたくさん集めたところで意味はないですよね。

そもそもニッチなマーケットを狙ってビジネスを作るのであれば、アクセスは多くはないけれど、お客さんになってくるれる可能性がある濃いアクセスを狙って集めていくことになります。

大切なのは、濃いアクセスを集めていかにして成約させるかということです。

たくさんのアクセスを集めるために、自分のビジネスのコアとは違う情報を発信してしまえば、アクセスの数は集められても質は落ちることになるでしょう。

ブログでの集客を考える上で大切なのは、お客さんをしっかりと定義をすることです。

相談を受けてみてみると、うまくいかないケースというのは、お客さんがぼんやりしていたり、内容が浅かったりということが多いです。

課題が見つかれば半分は解決したも同然。

ブログやWEBサイトをビジネスに活用していくためには、最初にきちんと設計をすることが必要です。いきあたりばったりで書いていると、そもそもどこに向かおうとしているのかがわからなくなったりします。

向かうべき先がわかれば、現在地との差分を測って、それをどう埋めていけばいいのかなと考えればいいですよね。

ブログの集客は、課題を見つけては改善して、ということの繰り返しです。現在地を測定して、目的地との差分を測って、それを埋めるための仮説を立てて実行する。

課題が見つかれば、解決方法は見えてくるので、あとは仮説をたてて実行する。繰り返す。これだけです。

つまり、課題が見つけることができれば、半分は解決したも同然です。

ブログを使って起業したい、ブログで集客をしたいと考えるのであれば、こうした考え方も合わせて理解しておく必要があります。

今日のひとこと日記

独立して4年。家族と一緒にいる時間が増えて本当に幸せだなぁと感じます。息子と娘の成長を毎日感じながら生活できる喜びをかみしめる10月12日でした。

サービス案内

-WEBマーケティング, ブログ集客, 起業・独立・開業

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.