WEBマーケティング ブログ集客

WEBでの集客は、流行りのツールに流されてばかりだと何も残らないですよ。

投稿日:

Blog First

このブログは久々の更新となりました。いくつかの企業プロジェクトが並行して動いていたこともあり、こちらのブログの更新は休みがちになってしまったのは反省点ですね。

とはいえ、たまにしか更新をしていないブログでも、読んでくれる人、メルマガ登録(これもまた休んだままです。ごめんなさい)をしてくれる人もいるんですよね。

ありがたいことに。

検索エンジンからの集客のルートができていると、更新が多少滞ってもアクセスが途絶えることがない。これがブログの最大の強みです。

自分の言葉を伝え続ける場を持つということ。

僕は別にブログ至上主義ではないけれど、WEB集客においてブログはやっぱり外せないんじゃないかなと改めて感じています。

なぜなら、自分の言葉を伝え続けることができる数少ないメディアだからです。

一度発した言葉は消さない限り、ずっとWEB上に残り続け、検索の対象になるし、それを読んだ誰かがリンクを張って新たなアクセスルートを作ってくれることもあります。

僕が好きだったゲームクリエーターの飯野賢治さんのブログもその一つです。

飯野さんは若くしてお亡くなりになりましたが、息子さんに宛てて書いたブログのエントリーは今も色あせることなくWEB上でメッセージを発し続けています。ぜひ読んでみてください。

息子へ。

自分の言葉を伝え続けることができる。これはとても素敵なことだし、同時に本当にすごいことだなと思います。

自分の言葉を伝えるだけではなく、伝え続ける場を持つということはビジネスにおいても、パーソナルユースにおいても大きな力をもつことになります。

ブログなのか。ソーシャルメディアなのか。

ブログとソーシャルメディアのどちらを使えばいいのかという質問を受けることがあるのですが、優先順位をつけて取り組むなら、まずはブログを使いましょうと僕は答えています。

ソーシャルメディアも集客には有効な手段ですが、ソーシャルメディアで発したメッセージや情報は波紋のように広がっていきながら、ゆるやかに消えていきます。

だから、ブログと組み合わせて「広げるツール」として使うといいわけです。

ブログはブログで集客ができるし、メディアやツールを組み合わせれば、新たな読者を呼び込み、ブログを知ってもらうきっかけとして活用することもできます。

ソーシャルメディアが得意なのは、ターゲットに対して、旬なタイミングで情報を伝えて広めていくということなので、必ずしもブログに誘導しなくてもソーシャルメディアの中でメッセージを伝える流れを作ればいいわけですね。

ただ、ソーシャルメディアだけだとメッセージや情報はどんどん流れて過去のものになってしまうので、相手の目に止まるかどうかというタイミングが重要ですし、自分の「今の言葉」は伝えることはできても、その先も伝え続けることは難しいわけです。

これは、ブログとソーシャルメディアのどちらが優れているかということではなく、メディア特性の違いです。

自分に合う方法を選べばいいだけなんですけど、ブログは基本的に相手がやってくるのを待つしかないし、ソーシャルメディアは発したメッセージが残らない(厳密には残っているけど)ので、非効率だし、レバレッジもかかりにくいのが弱点です。

それでも、WEBで集客をしていこうと考えるならブログを集客の軸に据えるのが良いと考えています。

ブログを使って集客のベースをつくろう。

WEBで集客をしてサービスを買ってもらうということは、いかに信頼してもらえるかがすべてです。

だから、ブログでは情報を提供するだけではなく、信頼関係を築くツールとして機能させることを考えて記事を書き、つくりこんでいく必要があります。

自分の言葉を伝え続ける場所を持つことができれば、さまざまな記事を通じて、いろんな角度から自分の考えや人となり、世界観などを知ってもらうことができます。

ベースをつくって、粛々とメッセージを発し続ける。

イチロー選手のいう、

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

というメッセージはブログにも当てはまるなぁとひしひしと感じています。

僕は、ものごとを始めるのにはタイミングなんてないと常々思っていますが、強いていうなら新しい年の始まりに新たな挑戦をするというのも悪くはないと思います。

まずは小さなことを始めてみてはいかがでしょうか。

-WEBマーケティング, ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.