ブログ集客

ブログ集客の本を読んでも成果に結びつかない3つの理由

投稿日:

ブログ集客の本を読んでも成果に結びつかない3つの理由

ブログの集客に関する本を読むのは良いことです。

僕も今でもWEB集客やコンテンツマーケティングなどの新しい本が出たら、著者を確認してから目を通すようにしています。

こうした本を読むことで、WEB集客の基本的な考え方や実施方法、ツールの種類・使い方などの知識を増やすことができます。

でも、本を読んでも成果に結びつけるのは案外難しかったりします。

あなたもそんな経験はないでしょうか。

理由その1:ブログ集客の本を読んでも自分の場合どうすれば良いかがわからないから

ブログ集客の本を読んで考え方もやり方もわかった。どんなツールを使えば良いのかもわかった。

でも、自分の場合、具体的に何をどうすれば良いかがわからない…。

クライアントの話を聞いても、このパターンが一番多いかなと思います。

本やセミナー、ブログなど、不特定多数に向けて発信される情報は、どうしても最大公約数的なものにならざるを得ません。

より多くの人の参考になるようにと考えて中身が作られるからです。一対多のコミュニケーションである以上、これはもうどうしようもないことです。

考え方ややり方、ツールの使い方などの知識を得ることで「わかった」ような感覚になるのですが、「わかる」ことと「できる」ことは別ものです。

例えば、野球。野球の入門書を読んでも試合でヒットを打てるかというとその確率は限りなくゼロに近いでしょう。

でも、コーチに個別具体的なアドバイスをもらいながら練習をすることによって、確率は上がっていくはずです。

「わかる」を「できる」に変えるためには、不特定多数に向けた抽象度の高い情報を個別具体的な情報に変換する必要があるのです。

あとは、変換するためにかかる時間をどう考えるかです。

ポイント

  • 自力でトライアンドエラーを繰り返しながら徐々に具体的にしていく
    →お金をかけずに時間をかける
  • 専門家の具体的なアドバイスを受けてトライアンドエラーの回数を減らす
    →時間をお金で買う

ビジネスブログであれば、時間をお金で買ってでも先に進むというマインドを持たないと、正直ラチが開かないかなと思います。

理由その2:専門家ではない人によるどっかで聞いたような情報だから

本に書いてあることが必ずしも正しいとは限らないという点に注意することが必要です。

ブログの集客に限らず、本は誰でも出版することができます。

つまり、その道の専門家でなくても専門書ライクな本を出版することが可能だということです。

ブログの集客でいえば、ロジックと実体験をもとに読者の役に立つ素晴らしい内容の本を書く人もいれば、ネットであちこちに出回っている情報を拾い集めて編集して本にする人もいます。

後者の場合は、本人がブログでたいした情報を発信していなかったりすると、再現性に乏しい情報なんだろうなぁと思います。

どんなもんだろうと、実際に僕も何冊かその手の本を買ってみたことがありますが、役に立つ情報や実行できそうなことはほとんどありませんでした…。

本棚のスペースをとるのも嫌だったので、ざっと目を通して処分をしてしまいますが、そうした本がターゲットとしているのが、ブログ集客の初心者やうまくいかなくて困っている人であることを考えると、怒りがわいてきますね…。

本を買うのであれば、著者のブログやWEBサイトで、日頃発信している情報が信頼できるものかどうかをチェックすることをおすすめします。

情報発信をしていないのに超新星のように突如現れる人は要注意です。

理由その3:本から得られるブログ集客の情報はすでに古いものだから

実際に僕のところにもブログを本にしませんかというオファーがきますが、ブログに書いた情報ですらどんどん古くなっていくのに、それを本にするのはどういうこと?って思ってしまいます。

WEBの世界は流行り廃りが早いので、たとえ数ヶ月だとしても出版される頃にはトレンドが変わっているかもしれません。

なので、トレンドに左右されにくい普遍的な内容でない限りは、WEB集客やブログ集客に関する情報を本から手に入れるというのは現実的ではないと考えています。

今なら、専門家のブログやSNSの他にも、noteやオンライン学習サービスなど、情報の鮮度が本よりも高いメディアはたくさんあります。

そうしたものから情報収集をして、自分のビジネスにあてはめていくのがベターでしょう。

ただし、その場合にも「理由その1」で書いたようなことは起きてしまう可能性はあります。

普遍的な考え方は本からも学べる。トレンドや技術情報はWEBで学ぶ。

普遍的な考え方は本からも学べますし、むしろブログのリンク構造をたどるよりも読みやすく学びやすいです。

一方で、トレンドや技術情報に関しては情報の鮮度が高いWEBメディアで学んだ方が良いですね。

SNSの活用術なんて本を買っても、すでに過去のもので役に立たないものもあったりしますしねぇ。

そのあたりを見極めながら情報収集をして、専門家のアドバイスを得てブーストするのが有効な手段だと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2019 All Rights Reserved.