WordPressの活用

Black Studio TinyMCE Widgetでウィジェットでもビジュアルエディタが使える - WordPressプラグイン

投稿日:

Black Studio TinyMCE Widget

WordPressのウィジェットにテキストやHTMLを書く場合にはテキストウィジェットを使って直接書くのですが、これが結構面倒くさいんですよね。

HTMLが書けるとしてもかなり面倒くさいので、書けない人はそれだけで表現の幅が狭まってしまうし、得意でない人もコンテンツの内容とは別のところで時間がかかってしまいます。

でも、Black Studio TinyMCE Widgetというプラグインを使うことで、ウィジェットの中でもビジュアルエディタが使えるようになるので、HTMLが書けない人や得意でない人でも記事を書くのと同じ感覚でコンテンツを作ることができます。

テキストウィジェットを使うのであれば、入れておいて損はないプラグインだと思います。

Black Studio TinyMCE Widgetの便利なところ

今回は、記事の下に設置する無料メール講座のCTA(Call To Action)に使用しました。

black-studio

Black Studio TinyMCE Widgetを使って記事下のCTAを作成する

使ってみて感じた便利なところは次の2つです。

  1. ウィジェットの中でビジュアルエディタを使えるので、記事を書くのと同じようにウィジェットのコンテンツを作れる。
  2. 新規作成はもちろん、調整や更新作業がとても楽チン。

このブログはストーク(Stork)というWordPressテーマを使っているので、ショートコードが利用できるのですが、ビジュアルエディタからショートコードを記入できるのも楽でいいですね。ボタンの設置も一発です。

Black Studio TinyMCE Widgetの導入方法

通常のプラグインをインストールするのと同じ手順です。

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > Black Studio TinyMCE Widgetで検索

インストールして有効化すればすぐに使えるようになります。

Black Studio TinyMCE Widgetの使い方

使い方は簡単です。

WordPress管理画面 > 外観 > ウィジェット

とたどっていくと、「ビジュアルエディター」があるので、それをテキストウィジェットと同じようにウィジェットにドラッグ&ドロップするだけです。

キャプチャー

ビジュアルエディターを開いたところ

あとは、記事と同様にテキストを入力したり、画像やボタンを設置していくだけです。

ウィジェットを作り込む際にはあった方が便利なのは間違いないですね。WordPressを使うのであれば入れておきたいプラグインの一つです。

 

集客ブログの作り方に興味のある方はこちらもどうぞ。

起業家のための集客ブログの作り方

-WordPressの活用

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.