ブログ集客

ブログが書けないという人は書けないのではなく、実は書けないと思い込んでいるだけ。

投稿日:

色づく木々

ブログが書けないとか、記事が増えないという相談をもらうことがあるのですが、ほとんどの場合、書けないのではなく書けないと思い込んでいるだけです。

ブログに割く時間が取れないのであれば、それはブログの問題ではなく時間の使い方の問題です。解決するには、時間の使い方を整理して時間を作るか、ブログの優先順位を上げるしか方法はありません。

一方で、ブログを書きたいんだけど、書こうと思うんだけどパソコンの前に座ると手が動かない、何を書いていいかわからずに時間ばかりが過ぎていく…という人もいるかもしれません。

でも、結局何も進まず「今日もブログを書けなかった…。明日またがんばろう。おやすみなさい…」

みたいな感じになってしまう人も多いのではないでしょうか。

そして、昨日も同じことを思ったはずです。

書けないというのは単なる思い込み

ブログを書けない日々が続くと、いつの間にか自分はブログが書けないと思い込んでしまいます。でも、それは単なる思い込みです。

書けないんじゃなくて、書かないだけです。

本当にブログを書きたいと思うのであれば、何だって書けます。誰かの役にたつ記事じゃなくても、日記でも、今日食べたご飯のことやテレビのことでも、書こうと思えば何でも書けるはずです。

でも、書けないとしたら、なぜ書けないのか、その原因を探って取り除く必要があります。

ある日、突然書けるようにはなりません。

書けないと思っているだけで、書けるようになるためのアプローチをとらなければ、いつまでたっても書けるようにはならないのです。

書けない原因を見つけること

ブログを書けるようになるためには、書けない原因を見つけることです。

何を書けばいいのかわからない

相談で一番多いのがこれです。準備不足の状態。

そもそもなぜブログを書くのかが自分の中でしっかり理解できていないから書けないパターンです。

「集客したい」と思ってとりあえずブログを書き始めたものの、誰に向けて何を言えばいいのかがわからないから書けない、続かないというパターンですね。

この場合の解決策は、まずは目的をはっきりさせることです。

「なぜブログを書くのか」「誰に何を伝えたいのか」それらを一つ一つ整理していけば、何を書けばいいのかは見えてきます。

どう書いていいいのかわからない

これもよく相談をもらいます。

書き方がわかれば書けるようになると思いがちなのですが、実際には「どう書くか」という問題ではなく、「何を書くか」の問題であることがほとんどです。

つまり、さっき書いた目的やターゲットがはっきりしていないことに原因があることが多いのです。

確かに、ブログの書き方というか、コツみたいなものは存在します。

でも、タイトルのつけ方とか、文章の構成とか、あなたが知りたいのはそんな小手先のことではないはずです。

ブログを書く目的や伝えたい相手がはっきりしていない状態で、「読者の興味を引くタイトルの作り方」とか「わかりやすい記事の構成」を学んでも何も解決できないですよね。

本質的な問題をすっ飛ばしてノウハウを学んでも結局解決できないので、ブログを書けない…という状態から脱することができないわけです。

「どう書くか」よりも「何を書くか」の方がよっぽど大事です。

ちゃんと準備をすればブログはいくらでも書ける

よく相談をもらうパターンを書きましたが、書けない原因のほとんどは準備不足にあります。

それからもう一つ、これは経験が豊富な専門家に多いのですが、「自分はわかっている」と思う心が準備の邪魔をします。

これまでの経験が「ブログの目的やお客さんのことをちゃんと見直して定義する」というステップをないがしろにしてしまうケースが結構あるんです。

その結果、思い込みで独りよがりのことを書いてまったく反応がとれなかったり、思っているのとは違う読者を集めてしまったりします。

逆に、真摯な姿勢で準備ができる人はブログでも成果を出すことができます。

なぜ、誰に向けて、何を書くのかが決まればブログは書けるようになる

ここまで見てきたことは、ものすごく単純なことですが、ブログが書けないという人の多くが見落としていることです。その結果、自分はブログが書けないと思い込んでしまうわけですね。

「なぜ」「誰に」「何を」が決まればブログは書けるようになります。

不思議なもので、これらがはっきりすると、日常のちょっとしたできごとから学びや気づきを得る機会が増えてくるんですよね。

きっと、そういう思考パターンが出来上がるからだと思うんですけど、そうした学びや気づきをブログを通じて必要としてる誰に届けたい、届けようと思うようになるんですよね。

こうなればしめたものです(^^)

まとめ

ブログが書けないと思う人は、ブログを書くための準備から見直すことをおすすめします。

そうすれば、「書けない」ということが単なる思い込みであることがわかるし、日々のちょっとしたできごとからも伝えたいことがどんどん湧き上がってきますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.