起業家のためのWEBマーケティング講座

WEB業界20年のプロデューサーが教える起業家のためのWEBマーケティング活用法

WEBマーケティング

強みやUSPを磨いてもブログ集客がうまくいかない理由

投稿日:2016年6月26日 更新日:

ブログ集客がうまくいかない理由

「お客さんに選んでもらえる存在になるためには、自分の持つ強みを発掘し、自分の魅力を一瞬で伝えるUSPが必要だ」

あなたはそんなふうに考えたことはないでしょうか。

でも、実際に強みを発掘しUSPを作っても、なぜかブログ集客がうまくいかない。差別化してもアクセスが増えない。それはなぜでしょう?

答えはシンプルです。強みやUSP、差別化ではブログ集客はできないからです。

ブログ集客に必要なのはメッセージを伝えアクセスを生み出すこと

あなたも一度は目にしたことがあるであろうドミノピザの話はUSPの大切さをわかりやすく教えてくれます。

おお、なるほどね!と思ったはずです。

でも、「30分でピザが届かなければ代金を払わなくても良い(つまり熱々のピザが届くということ!)」ということを誰も知らなければどうでしょうか。

ドミノピザからあえて買う理由はないですよね。

強みやUSPは作っただけでは役に立ちません。それを伝えて、知ってもらうことで初めて機能するようになります。

つまり、選ばれる理由を作ることと選ばれる状況を作ることは別のものであって、この二つ違いを理解した上で「合わせて」考えなければ集客はできないということなのです。

ブログ集客で言えば、集客に必要なのはメッセージを伝え、アクセスを生み出すことです。アクセスがなければ、強みもUSPも知ってもらうことができないからです。

例えば、強みやUSPを打ち出したキャッチコピーを作ってブログのヘッダー画像を作り込んだとしても、その画像はお客さんを集めてはくれないのです。それはアクセスをした人に見てもらうものです。

その画像を見てもらうためにやるべきことが「集客」です。強みやUSPを作ったり、差別化したり、コンセプトを作ったりするのは集客ではないのです。

どうしたらブログにアクセスしてもらうのかを考える

先ほど書いたようにブログ集客とは、強みやUSP、コンセプトなどを伝えるために、どうしたらブログにアクセスをしてもらえるのかを考えることです。

だから、

強みやUSPを考えて、あとはブログを毎日頑張って100記事書けば人が集まる!

なんてことはないわけです。あるわけがない。毎日100記事書き続ければアクセスが得られるなら、誰もが集客できているはずです。

ですが、毎日100記事書いてもうまくいかないと「もしかして強みやUSPがイマイチなんじゃないか」と疑ったり、「新たにコンセプトの作り方を学べば解決するんじゃないか」とか、何かが足りないからうまくいかないんじゃないかと思い始めてしまいます。

でも、どうしたらブログにアクセスをしてもらえるのかという問題が解決していないので、結局は何をやっても結果が出ることはないのです。

ブログへのアクセス施策に取り組まずに自分磨きや商品磨きに走り出すと、やるべきことがどんどんわからなくなっていくので、むしろ状況を悪化させてだけではないかと思います。

あなたの強みやUSPが解決の助けになるお客さんの問題は何かを考える

集客できない人は自分の強みやUSPをアピールします。でも、お客さんはあなたの強みやUSPになんて興味がないんですよね。興味があるのは、自分の抱えている問題をどう解決するか、欲求をどう叶えるのかということだけです。

だから、お客さんが検索して探したいくらい興味を持っていることをあなたはブログに書く必要があるわけです。これがなければブログにアクセスを集めることはできません。

ドミノピザで言えば、お客さんは「あなたが」30分でピザが届けてくれるのかどうかを知りたいわけじゃなくて、「わたしが」熱々のピザが食べたいということ。

お客さんが知りたいと思っていることをブログを通じて教えてあげれば、自然にお客さんは集まるようになります。

ブログで集客をするのであれば、その作法を取り入れる

お客さんがどんな情報を欲しているのか押さえたら、あとは検索エンジンがどういう仕組みで検索結果を表示するのかに合わせて記事を書いていけば良いのです。

記事のタイトルや見出しなど、検索エンジンがブログを評価するにあたって重視すると言われている項目に対してしっかりキーワード対策をしていくことですね。

こうして、お客さんが欲している情報と検索エンジン対策の両方を考えながら記事を書いていくことでブログのアクセスは増えていきます。

強みやUSPを磨いてもブログ集客がうまくいかない理由のまとめ

  • 強みやUSPなどを作っただけではブログの集客はできない
  • お客さんが興味のあることは自分のこと
  • お客さんの抱えている悩みや願望に着目する
  • 検索エンジンの作法を意識して記事を書く

こういったことを意識しながら記事を書くことでブログにアクセスが集まるようになります。

シンプルに考えれば、「お客さんが検索するであろうことを書く」ということですね。

 

追伸:ブログの集客について知りたい方はこちらもどうぞ。

起業家のための集客ブログの作り方まとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-WEBマーケティング

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.