WEBマーケティング

ブログの集客ってアクセス数はどれくらい必要なの?

投稿日:2015年2月16日 更新日:

「アクセスが増えない」「アクセスアップの方法を知りたい」という相談をよくもらうのですが、アクセスアップすれば集客成功、というわけでもないのです。

確かにアクセスが増えれば、その分問い合わせも増えそうな気がしますが、そもそも、アクセスってどれくらい必要なんでしょう。

アクセス数を求める公式

アクセス数や訪問数を求めるには公式があります。

その前に、キーワードを一つ覚えてください。

コンバージョン
お問い合わせや資料請求、注文など、フォームから申し込みを受け付けることをコンバージョンといいます。

アクセス数に対してコンバージョンする確率をコンバージョン率といいます。日本語では転換率と呼びますね。

さて、では公式です。

アクセス数

アクセス数 = お問い合わせの数 ÷ コンバージョン率

あなたが欲しいと考えるお問い合わせの数とコンバージョン率によって求められます。

例えば、あなたのブログやホームページのコンバージョン率が1%で、月に10件の問い合わせが欲しいとすると、

アクセス数 = 10 ÷ 0.01 = 1,000

1,000件のアクセスが必要ということになります。

ただし、、、

10件の問い合わせから何件が成約するかを逆算して考えないと、ですよね?

アクセス数を気にする前に・・・

この公式からわかるように、

  • アクセス数
  • お問い合わせの数
  • コンバージョン率

によって、あなたのブログやホームページのパフォーマンスを把握することができます。

アクセスがなければ問い合わせもないので、アクセス数を上げることは大切です。

でも、どんなにアクセスを集めても、コンバージョン率が低ければ、集めたアクセスを無駄にしていることになります・・・。

もったいない!

っていうか、、、

広告で集客してたら最悪です。

その場合、アクセスを集める前に、コンバージョン率アップのための改善をしないとダメですよね。

ある程度のコンバージョン率が確保できていて、問い合わせがもっと欲しいということであれば、アクセスアップのためのアイディアが必要ということになります。

コンバージョン率が良ければ、広告を使って集客すべきだと思います。

ビジネスの成長のスピードが違いますから・・・。

何はともあれ、

まずは、自分のブログやホームページの

  • アクセス数
  • お問い合わせの数
  • コンバージョン率

を把握するところから始めましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-WEBマーケティング

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.