WEBマーケティング

Facebookからの集客に苦労している人へ

投稿日:2016年6月13日 更新日:

集客に苦労している人へ

Facebookを使った集客に苦労している…という声を聞くことがあります。であれば、別にガツガツやらなくてもいいんじゃないかなと僕は思っています。

なぜなら、つらいことは続かないからです。

Facebook集客に苦労するのは数の勝負だから

Facebookに限ったことではないですけど、アメブロを含むソーシャルメディアを使った集客は、見込み客となる人とのつながりをどれくらい持っているか、どれくらい作れるかの勝負です。

そのつながりがなければ、どんなに情報発信をがんばっても…ムダです。ソーシャルメディアの集客は拡散力で決まるので、友達やフォロワーの数が重要になってきます。

その数を担保できないのであれば、ソーシャルメディアを使った集客はできないのです。

営業と同じでその数を集めるために頑張るべきという考え方もあるとは思いますけど、やっぱり向いてないとかやりたくないとかありますよね。

であれば、無理矢理やらなくてもいいんじゃないかなと思います。その分、他の方法を考えればいいだけです。

僕もちょっとやってみましたけど、あまり得意じゃないなと思ったので、つながりは自然に任せることにしました。Facebookは人となりを知ってもらう場として使っていますが、それはそれで機能しています。

ちなみに自撮りも苦手です。

この2年くらいの間にメディアの中での起業家の飽和度はかなり増しているので、これまでと同じようなやり方では結果が出にくくなってきています。

検索エンジンからのアクセスを集める

そこで、僕がメインでやっているのが検索エンジンからアクセスを集めるという方法です。

解決したい悩みや課題を持っている人に対しての情報を提供することで、検索エンジン経由でブログに集まってもらうということですね。

検索エンジンからの集客は受身の方法にはなるのですが、検索をかけて調べた人が集まってくるので、自分の悩みや課題を自覚している人が集まるのが特徴です。

ソーシャルメディアでの集客は見込み客とのつながりを作った上で情報を発信するのに対して、検索エンジンからの集客は、情報を発信して、そこに集まった人とのつながりを作るという違いがあります。

そうして集まってくれた人とのつながりを作るためには、ブログを通じて自分の持つ世界観を伝えることが必要なのですが、僕はその補助的な役割をFacebookに持たせています。

ブログだけでは伝えるのが難しいプライベートな面を通じて人となりを知ってもらうことでつながりを作るということです。

日々のことや人となりを見せて、好きか嫌いかを感じてもらう。好きならつながるし嫌いならサヨナラです。そうすることで世界観に共感する人だけが残っていきます。

Facebookやアメブロなどのつながりありきでビジネスを考えるのではなく、情報を発信していく過程でつながっていく。

そういう意味では、今やっている検索エンジンからの集客の方が自然体でいられるかなと僕は考えています。

Facebookやアメブロでは芸能人のように振る舞えという人もいますが、誰もができるわけじゃないですよね。僕にはできません(でした)。

-WEBマーケティング

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.