ブログ集客

超初心者がブログを始めるための7つのステップ

投稿日:2016年8月22日 更新日:

うちの奥さんもブログを始めたいと言うので、先日からいろいろと整理をしながらアドバイスをしています。

いやぁ、灯台下暗しとはこのことです。こんな身近なところにクライアントがいるとは(笑)。

良い機会なので、ブログを始めたいと思った時にどんなことを考えて準備をすればいいのかをまとめてみました。

ちなみに奥さんは初心者で本当にゼロからのスタートなので、技術的なアドバイスというよりも手順を踏んでまずは立ち上げることを目的としています

この記事では、初心者の人がブログを始めるにあたって考えた方がよいこと、決めた方がよいことをお伝えします。最低限、これらのステップを踏めばブログを立ち上げることができます。

テクニカルなこととかノウハウとか具体的な作業というよりも、流れをつかんでもらうことを意図しています。さらに突っ込んだ内容で具体的に立ち上げをサポートして欲しいという方はぜひお問い合わせを(笑)。

では、順を追ってみていきましょう。

ブログを始めるにあたって決めておきたいこと

まず、ブログを始めるにあたって決めておきたいこと・やるべきことは次の7つです。

  1. ブログサービスを使う?独自ドメインで立ち上げる?
  2. ブログで何を伝えたい?
  3. どんな人に向けてブログを書くの?
  4. ブログのタイトルを決めよう
  5. ブログの方向性・内容を決めよう
  6. キーワードを考える
  7. 荒削りでもいい。どんどん記事を書いていく

すべて完璧になんて考える必要はありません。手順に従って進めて、まずは最初の記事を公開することを目指しましょう!

1. ブログサービスを使う?独自ドメインで立ち上げる?

まず最初に、どこでブログを書くのかを決める必要があります。

アメブロやライブドアブログ、はてなブログなどのブログサービスを使って書くのか、WordPressを使って独自ドメインのブログを立ち上げるのかを決めるということですね。

単純にどのサービスを使うかというよりも、ブログで何をしたいのかで考えた方がいいですね。

ビジネスをしたいとかアフィリエイトをやりたいということであれば、制約がなく、SEO対策に強いWordPressを使った独自ドメインがいいでしょう。ネット利用者という大きなマーケットに対して情報発信をすることができます。

アメブロなどのブログサービスは、商用利用の可否やデザイン・機能の制限などがあるので用途によっては注意が必要です。

最初は誰もが初心者ですが、書き続ければ書き手もブログもどんどん成長していきます。

始めやすいというだけでブログサービスを使うのではなく、より大きなマーケットで検索エンジンからの流入を得やすいWordPressでブログをつくるのが僕のおすすめです。

2.ブログで何を伝えたい?

ブログを書きたいということは、何かを伝えたいということですよね。

趣味のブログもビジネスのブログも基本的な考え方は同じです。

伝えたいことがはっきりすればするほど、ブログの方向性もはっきりするので、まずは自分が伝えたいことは何かを整理するといいでしょう。

伝えたいことといっても、自分が書きたいことを書くだけでは読まれるブログをつくるのは難しいでしょう。

読者が知りたいことはなんだろうと考えたうえで、自分が伝えたいこととマッチングさせていくイメージです。

3.どんな人に向けてブログを書くの?

(2)で考えたことを伝えたいのは誰か、誰に読んで欲しいブログなのかを決めておくということです。

どんな人に伝えたいのかを考えることで、言葉の使い方や文章の書き方も変わってきます。WordPressやSEO対策のようなちょっとした専門用語も入っていますが、この記事は、奥さんのような初心者の人が読んでもわかるようにと思いながら言葉を選んで書いています。

ブログを書きたいと思っている人であれば、WordPressやSEO対策という言葉をまったく知らないかというと、そんなこともないんですよね。

どんな人に向けて書くのかが決まっていれば、言葉づかいや内容でもある程度の前提条件を決めて書くことができます。

対象の読者を絞り込むということですね。すべての人に向けて書くというのは不可能です。

[kanren postid="195"]

4.ブログのタイトルを決めよう

ブログのタイトルはみんな頭を悩ませるところですよね。特にこれといった決まりはないのですが、ぱっと見で何についてのブログなのかがわかるタイトルが良いでしょう。

一時期、「〜ではたらく社長の日記」みたいなブログタイトルが流行りましたが、同じようなタイトルだとインパクトがないですよね。

なので、できる限りオリジナリティが感じられて、かつ、「役に立ちそう」とか「面白そう」って思ってもらえるタイトルにするとか、「何をやっている人なのか」「何屋なのか」がわかるように工夫をしたいところです。

ブログのタイトルは後で変えられないこともないのですが、タイトルを変えると読者も混乱しますし、自分自身の愛着もわかないと思うので、最初にバシッと決めておきたいですね。

5.ブログの方向性・内容を決めよう

ここまでの4つのステップを踏んでくれば、どんな人に向けて書くのか、伝えたいことによってテーマの範囲も決まってくるので、ブログの方向性や内容も見えてきているんじゃないでしょうか。

ブロガーが書くブログにはノンジャンルのものもありますが、ビジネスブログであれば、個別の記事の集合体が一つのブログになるというよりも、ブログを通じて伝えたいことを一つ一つの記事に落としていくというイメージですね。

漠然と一つ一つの記事を書いていくのではなく、こういうテーマでこういう記事を書いていこうという方向づけをしておきます。

ここで方向性や内容をしっかり決めておけば、一貫性のある情報を発信できます

6.キーワードを考える

ブログの読者がどんなキーワードを使って検索をして情報を探すのかを考えます。

どんな気持ちで、どんな言葉を使うのかを考えるということですね。

例えば、ブログで集客をする方法を知りたいと思っている人でも、

  • 集客したい
  • 集客できない

というように言葉の使い方は、人によって、置かれている状況によっても違います。表裏の関係にあると言えるかもしれないですね。

こんな風に、ブログを読んで欲しい人がどんな言葉を使って検索をするのかな、と考えて記事を書いていくわけですね。

7.荒削りでもいい。どんどん記事を書いていく

考えたキーワードを記事のタイトルや記事本文に入れて記事を書いていきます。

最初からボリュームのある記事や質の高い記事を書くのは難しいです。だから、あとはもう、すべては練習だと思って、記事を書いてどんどん公開していくことです。

初心者の人に多いのは、こんな記事を公開して世の中に晒してもいいのだろうか、恥ずかしい、みたいなことを考えていつまでも下書きのまま記事を眠らせてしまうことです。

気持ちはわかりますが、ブログを書くスキルは記事を書くことでしか身につかないし、上達もしません。

誰もが最初は初心者です。最初からうまくできる人なんてほんとんどいないんです。

数をこなしていけば、それが質に変わるタイミングがやってきます。だから、どんどん書いていきましょう。

[kanren postid="4208"]

まとめ

ブログを始めること自体は実はそんなに難しいことではないことがおわかり頂けたでしょうか。

いきなり書き始めると日記のようなブログになりがちですが、こうして手順を踏んでいくつかの決め事をしておくことで、目的だったり、読んで欲しい人が明らかになるので、ぜひやってみて欲しいです。

最初はなかなか読んでもらえないし、どんなことを書いていいかも手探りかもしれませんが、とにかく書くことです。書かない限りは始まらないし、何も起きません。

あとは、単純に書くことを楽しむということですね。それは趣味のブログでもビジネスブログでも同じです。自分が楽しんで書いていれば、それは読んでいる人にも伝わります。

一緒にブログを楽しみましょう!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橋本 敬

WEBプロデューサー / 株式会社ブリッジ代表取締役 早稲田大学政治経済学部卒。オンザエッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイスタジオを経てブリッジを設立。WEB業界での20年の経験をもとに案件規模を問わずに活動中。趣味は写真とサッカー、デジタルガジェット収集。

-ブログ集客

Copyright© The BluePrint , 2018 All Rights Reserved.