ブログ集客

集客ブログであなたが書くべき3つの記事とは?

投稿日:2016年6月7日 更新日:

集客ブログの3つの記事

集客ブログを書く際には3つの記事の型を意識して書く必要があります。

記事を書く時には、これから書くのはどのタイプの記事ないのかを意識して書き分けていくことでブログの集客の効果を高めることができます。

その3つの記事の型というのは、

  • 集客のための記事
  • 教育のための記事
  • 販売のための記事

の3つです。

集客のための記事

文字どおり、集客をするための記事です。つまり、キーワード対策を強く意識した記事だということです。

集客ブログというと、ほとんどの方がイメージするのはこのタイプの記事ではないでしょうか?

検索エンジンから見込み客をブログに誘導する役割を持つ記事なので、何と言っても検索される記事であることが大前提です。

見込み客が知りたいことについて書かれた記事ですね。

また、集客の記事のもう一つの大切な役割は、教育のための記事につなぐということです。

教育のための記事

教育のための記事というと、ちょっと上から目線な感じもしますが、この記事はあなたの商品やサービスについて、あなた自身について、読者の方に知ってもらうための記事です。

一言で言えば価値教育のための記事です。

この記事の役割は、検索エンジンからブログに訪れた人に、さらにブログを読み進めてもらい、あなたの提供する価値を知ってもらうことです。

ですので、入り口は集客記事に任せて、キーワード対策よりも伝えたい内容を重視した記事です。

あなたの商品やサービスの価値を知ってもらって「欲しい」という気持ちを育てるわけですね。

販売のための記事

「欲しい」と思う気持ちが育ってきたら、最後に実際に行動に変えてもらう必要があります。

具体的には、申し込みやメルマガ登録などの行動を促すことになります。

価値教育をしたうえで、なぜ、今その行動をとる必要があるのか、どんなメリットがあるのかを教えてあげることで、最後の行動の一押しをするということです。

導線設計が大事

集客ブログというと検索キーワード選びにスポットがあたりがちですが、実はこうした流れをつくる記事の存在が不可欠です。

3つの型で記事を書き分けて初めて、検索エンジンからアクセスしてきた人を見込み客へと変えることができるようになるということですね。

ただし、この3つの記事を書くにあたっては導線設計が重要になります。

つまり、正しい順序で読んでもらう必要があるということです。

すべてをコントロールすることはできませんが、読者に対して、次に読んで欲しい記事を提示してステップを踏んでもらうということが重要です。

検索してブログに入ってきて、いきなり販売記事を読んだら売り込み感が強くなってしまいますよね…。

そうではなく、入り口から出口までを意識して読者に通って欲しい道筋をつくることを意識して記事を書いていくのです。

もちろん、すべてをコントロールするのは不可能ですが、コントロールは可能です。ただ記事を量産するのではなく、流れを意識してブログを作ってみてください。

この設計次第でブログ集客の成果は大きく変わります。

教育記事の書き方は、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

[kanren postid="6594"]

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.