ブログ集客

ブログを楽しむために僕が心がけている3つのこと

投稿日:

ブログを楽しむ

ビジネスブログでも趣味のブログでも、やっぱりブログは楽しんで書いた方がいいですよね。楽しんで書いていれば、それは読んでいる読者にも伝わります。

この前の記事でも書きましたけど、楽しむというのはやっぱり大事だなと思うんですよね。

今回は、僕がブログを楽しむために心がけていることについてお伝えします。

ブログを楽しむために心がけている3つのこと

僕がブログを楽しむために心がけていることは主に次の3つです。

  1. 誰かの役にたつことを書く
  2. 好きなこと・得意なことを書く
  3. 人のことを書かない

心がけていることといってもたいそうなことではありません。めちゃくちゃシンプルだし、誰にでもできることです。

もちろん、技術的なことでの心がけもありますけど、それは枝葉末節なことです。ネットの世界は技術の移り変わりが早いので、技術的なことは適宜アップデートしていくしかないんですよね。

だけど、人と人とのコミュニケーションのベーッシクなところは、どんな時も変わらないんじゃないかなぁと思っています。

誰かの役に立つことを書く

ビジネスとかプライベートにかかわらず、困ったことやわからないことがあった時には検索をして情報を探しますよね。

誰もが当たり前のようにやっていることですが、検索をすることで困っていることが解決できたり、わからないことがわかるのは、他の誰かが情報を提供しくれているからです。

仕事がらというのもありますけど、僕は検索をしない日はないんじゃないかなと思います。つまり、毎日誰かが発信している情報を受け取っているということです。

マーケティングやWordPressの情報をはじめとして、大好きなカメラや写真、アップル製品、それに子どもが休日に病気にかかった時にどこに連れて行けばいいのか、家族ででかける季節のおすすめスポットとか。

いろんな情報を楽しみ助けられています。

だから、僕も自分が知っていることを発信することで、他の誰かの悩みやお困りごとの解決の役に立ったり、楽しんでもらえたらいいなぁと思います。

そしてもう一つ、このブログやアメブロで書いていることは、単純にノウハウを伝えるだけではなく自分の経験や考えを伝えることで誰かを勇気づけることができたり、なかなか最初の一歩を踏み出せない人の背中を押してあげることができたら嬉しいなとも思っています。

ノウハウを必要としている人はたくさんいるけれど、そこに経験や考えを付け加えることで僕にしか発信できない情報になるんじゃないかなって思いながら書いています。

好きなこと・得意なことを書く

「役にたつ記事を書け」「質の高い記事を書け」と言われると動けなくなってしまう人もいますが、ブログは根本的に自分自身のメディアなので、自分の好きなことや得意なことを書いていけばいいんじゃないかなと思っています。

だから、まずは自分の好きなことや得意なことをちゃんと知ることが必要なんじゃないかなと。そこがはっきりわかると書いていても楽しいし、アイディアも出やすくなるんじゃないかなと思います。

そのうえで、これは誰かの役にたつかなぁという視点を持って記事を書いていくと考えのがシンプルです。

自分が書きたいことでなければ、続けるのは難しいですからね。

アクセスを集めるために流行のネタを扱うという手法もありますけど、僕にはできなさそうなのでそういう視点で記事を書いたことはありません。でも、結果としてみんなが知りたいことだったからアクセスを集めることができたということはあります。

好きなことがあれば伝えたいという気持ちも湧いてくるし、書き続けることでどんどん上達していきます。

人のことを書かない

人のことを書かないというのはブログを続けていく上ではとても大事だなと思います。あ、いいことはどんどん書いた方がいいですよ。書かないのは、人を傷つけるとか、嫌な気持ちにさせてしまうようなことです。

ブログだと声のトーンだったり表情がわからないので、書き手はなんとも思わず書いたことでも読み手は「ムキーッ」となることもあります。

自分の意見を持つことは大事だし、オピニオン系の記事は書き手の個性が出るので読んでいても面白いですよね。でも、その場で誰かに嫌な気持ちをさせてしまうことがないかということは気をつけるべきだなぁと思います。単純に自分がされたら嫌なことですから。

まとめ

ここであげた3つはどちらかというと原理原則に近いものです。人によって楽しみ方はいろいろとあるので、楽しみながら無理なく書き続けられる方法をぜひ見つけて欲しいなと思います。

-ブログ集客

Copyright© 起業家のためのWEBマーケティング講座 , 2018 All Rights Reserved.